中期経営計画「“良い会社”を目指して ~私が変わる、私が変える~」

前中期経営計画「変革と実行2014」においては「自動車保険をはじめとする商品の収益性改善」「事業効率の更なる改善」「優位性のある商品・サービスの提供および販売基盤の拡充」に着実に取り組むことで、目指す姿である「コンバインドレシオ95%程度を安定的に維持できる態勢の構築」へ着実に歩みを進めてきました。
事業環境に目を転じて見ると、大規模な自然災害の頻発、少子高齢化や人口の都市集中、さまざまな分野での活発な技術革新の進展など、損害保険業界を取り巻く環境はこれまでとは異なるスピードで変化しつつあると認識しています。
新しい中期経営計画では、「お客様に“あんしん”をお届けし、選ばれ、成長し続ける会社」となることを目指し続けます。事業環境の変化をチャンスと捉え、お客様や地域社会からなくてはならない存在であり続けるために、「選ばれ方の変革」「働き方の変革」「変革し続ける良い社風」の「3つの変革」、および「日本で一番『人』が育つ会社を目指すこと」などの取り組みを通じて、お客様へお届けする“あんしん”のレベルを当社独自の価値となるまで高め、お客様からの支持と信頼をトップライン成長につなげ、持続的な利益成長を実現していきます。

1.全体像

お客様に“あんしん”をお届けし、選ばれ、成長し続ける会社~100年後も良い会社“Good Company”を目指して~

2.「目指す姿」の実現にむけて

「3つの変革」

選ばれ方の変革
「お客様との接点の“深掘り”」および「変化を捉えた“次の一手”」に取り組むことで、事業環境の変化をチャンスにつなげ、お客様から選んでいただけることを目指していきます。
お客様との接点の“深掘り”
生損保一体ビジネスモデルの深化
リスクコンサルティング(事前・事後の安心)の高度化
損害サービスの競争力強化
変化を捉えた“次の一手”
次世代リスクへの対応
日系企業のグローバル展開支援
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会成功への貢献
働き方の変革
お客様に一層高い付加価値をご提供するために、社員の「生産性の高い働き方」を追求していきます。
変革し続ける良い社風
当社のDNAとなっている自由闊達という社風を大切に守りながらも、現状に満足せず、人を育て良い人材を惹きつける、更に良い社風へ進化させていきます。

「日本で一番『人』が育つ会社」
“いざというときにお役に立つ”ことを使命とする保険事業は、「人」とその人が創り上げる「信用・信頼」がすべて、という思いから、「日本で一番『人』が育つ会社」を目指して人材育成に取り組み、活力に溢れる主体的な人材と組織を原動力に、お客様や地域社会からの信頼やご支持をさらに大きくすべく弛まぬ努力を重ねていきます。