女性の活躍推進

東京海上日動では、性別・年齢・国籍・障がいの有無や、働き方・雇用形態などの条件の違いに関わらず、社員がいきいきと働き、意欲と能力を最大限発揮できる環境が必要であるという認識のもと、ダイバーシティを推進しています。
特に女性の活躍推進については、弊社社員の約半数が女性であることから、女性社員の活躍、成長を実現させることが社会の変化に柔軟に対応し、お客様のご期待にお応えし続けていくことにつながると考え、積極的に取り組んでいます。

女性の活躍推進 「Next Challenge」


東京海上日動火災保険株式会社
人事企画部
ダイバーシティ推進チームリーダー
小瀬村 幸子

弊社は長年にわたり、女性が活躍しやすい環境作りに取り組んでいます。 なかでも「業務革新プロジェクト」や「役割変革」などの取り組みは、女性社員が担う役割を変え、活躍するフィールドを広げる大きな契機となりました。2013年度「ダイバーシティ経営企業100選」受賞や、東京海上ホールディングスの「2013年度なでしこ銘柄」「2015年度なでしこ銘柄」選定は、その結果と受け止めています。

弊社の女性社員は、「お客様のお役にたちたい」「社会に貢献したい」「自分の可能性を試したい」「グローバルに活躍したい」など、一人ひとりが自分らしく輝きながらキャリアを磨いています。
今後も女性社員が自律的にキャリアを構築することができるよう、女性の活躍推進「Next Challenge」を掲げ、さまざまな制度や仕組み、チャレンジの場を提供し、女性の活躍推進の取り組みを加速していきます。

私たちはこれからもお客様に品質をお届けし、選ばれ、成長するために、女性の活躍を推進してまいります。