第60回丸の内市民環境フォーラムのご案内

東京海上日動が三菱商事と共催する「丸の内市民環境フォーラム」は、1993年より開催し、この度60回目を迎えます。
本フォーラムは、社会・環境問題への啓発講座として毎回多くの方々にご参加いただいております。
今回は、MORIUMIUS(モリウミアス)フィールドディレクター油井元太郎さんをお招きし、「森と海と明日へ。こども達のサステナブルな 学びから地方の未来をつくる」をテーマに、都市と地域、人と地域の新しい形を模索しているモリウミアスの活動についてお話しいただきます。

講師 油井元太郎さん
モリウミアスフィールドディレクター
油井元太郎さん
講師プロフィール 1975年生まれ。アメリカで大学を卒業後、ニューヨークにて音楽やテレビの仕事を経て、2004年に帰国。9月に創業メンバーとしてキッザニアを日本に導入する会社を設立。2006・09年に東京と甲子園に施設をオープン、年間約80万人に体験を通じた学びの機会をつくる。2013年より宮城県石巻市雄勝町に残る築94年の廃校を再生するプロジェクトに着手し、自然の循環や土地の文化、多様性を体感する学び場としてモリウミアスを2015年にオープンさせ、以降こどもの教育を通じた町の新生を目指す。
2015年日経ビジネスが選ぶ次代を創る100人に選出。

モリウミアスホームページ

開催日時 2018年10月17日(水)  午後6時~午後7時30分(午後5時30分開場)
開催場所 丸ビル1階マルキューブ (東京都千代田区丸の内2-4-1)
主催 東京海上日動・三菱商事
講演内容 東日本大震災により甚大な被害を受けた宮城県石巻市雄勝町。人口が震災前の1/4と減るも、地域に残されていた築94年の廃校が建築家の隈研吾氏をはじめとする5,000人ものボランティアと一緒にこども達の新しい学びの場としてリノベーションされています。豊かな森と海が繋がる国立公園内の自然環境と震災を経験し逞しく生きる住民、世界中から集まるプロフェッショナルからサステナブルに生きる力を学ぶ場、モリウミアス。森と海からこども達と町の明日をつくっていく活動として年間約1,500人が滞在する拠点となっています。地域資源を活用することで、こども達の学びの機会を生み、町への長期的な繋がりを育んでいく。都市と地域、人と地域の新しい形を模索しているモリウミアスの活動をご紹介します。
こどもの教育、子育てやライフスタイル、災害からの復興、地域への関わり方などに興味がある方にオススメです。
イメージ1 イメージ2 イメージ3
お申し込み方法 以下のホームページからお申し込みください。

「参加お申し込みフォーム」(三菱商事ホームページ)

参加費 無料
お問合せ 第60回丸の内市民環境フォーラム事務局
TEL:03-5223-1552 (東京海上日動 経営企画部 CSR室)
その他 お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
未就学児のご参加は遠慮願います。
また、講演中のビデオ・写真撮影等は禁止させていただきます。

以上