企業広告

挑戦シリーズ・背中を押す者篇

挑戦シリーズ・背中を押す者(留学)篇

2017年3月より実施中の広告です。

テレビCM

卒業後の進路について悩む高校生。
悩みながらも新しい一歩をふみだそうとしたとき、その背中を押したのは・・・?
ふみだしたその瞬間から、「新しい未来」が拡がっていきます。

「すべての挑戦を応援したい」という弊社の思いを、「ふみだす人の、力になりたい。」というキャッチコピーとともに、お伝えしています。

挑戦シリーズ・背中を押す者(開発)篇

2017年3月より実施中の広告です。

テレビCM

宇宙開発プロジェクトに取り組むビジネスマン。
たくさんの夢や希望が込められたビックプロジェクトに存続の危機が訪れたとしたとき、彼の背中を押したのは・・・?
ふみだすその勇気が、またひとつ、何かを変えていきます。

「すべての挑戦を応援したい」という弊社の思いを、「ふみだす人の、力になりたい。」というキャッチコピーとともに、お伝えしています。

挑戦シリーズ・東京2020 挑戦者たち篇

2015年7月より実施中の広告です。
ぜひご覧ください。

テレビCM

スタート台の上に立つ一人の水泳選手。
彼の力強い泳ぎとともに、人々の日常が次々と映しだされます。

明るく、激しく歌い踊る、地下アイドルたち。
ビル建設現場で汗だくになって働く、作業員。
塾で必死に勉強する、小学生。
就職活動で面接に臨む、女子学生…。

それぞれが不安や悩み、葛藤、プレッシャーと戦いながらも、それを超えて一歩を踏み出す強さを感じさせます。

ひたすら泳ぎ続ける水泳選手。そして最後に湧き上がる歓声。

世の中には様々な挑戦があふれており、その「すべての挑戦を応援していきたい」という弊社の思いとともに、東京2020大会の支援に込めた思いをお伝えします。

演出:中島哲也氏
数々のヒットCMを世に送りだし、まさにCM界の巨匠と呼ばれる方です。映画監督としても2004年の大ヒット映画「下妻物語」から注目を集め、その後も「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」などのヒット作・話題作を次々と生み出し、2010年の「告白」では日本アカデミー賞最優秀監督賞と最優秀脚本賞を受賞されています。



ラジオCM

挑戦シリーズ・書家 紫舟 ルーブル Carrousel du Louvre への挑戦篇

テレビCM

「書を通して日本文化を世界に発信したい。」という紫舟氏の強い思いが、2015年12月に開催されたルーブル Carrousel du Louvre での展示開催に繋がったことを、展示への取り組みや展示の映像に乗せてお伝えしています。

強く願い続け、挫折や困難を感じながらも挑戦を続ける紫舟氏の姿とともに「すべての挑戦を応援したい」という弊社の思いをお伝えします。


紫舟氏の挑戦の詳細はこちらからもご覧いただけます。

挑戦シリーズ・はじまり篇

2015年4月より実施中の広告です。
ぜひご覧ください。

テレビCM
  • 「告白」篇(15秒)
    • ここは、放課後の学校。
      ひっそりとした校舎の隅に、
      ひとりの少女がたたずんでいます。
      少女の挑戦のゆくえは・・

  • 「町工場とロケット」篇(15秒)
    • 町工場の職人技術。
      それは、日本が世界に誇る、
      地道ながらも貴重な技術。
      彼らの日々の仕事は、
      どんな挑戦を支えているのでしょうか・・

ラジオCM