私たちの思い

わかりやすい商品作りへの取り組み

商品開発(工事保険)担当

私は、工事保険の商品開発を担当しています。あるとき、当社の説明不足に加え、商品内容が分かりにくいために、お客様との間で補償内容の認識に齟齬が生じてしまったケースがありました。最終的にはお客様にご理解いただけましたが、開発担当として大いに反省するとともに、お客様の声に基づいた商品改善をより一層推進する必要があると感じました。

分かりにくい商品は、お客様に選んでいただけませんし、もし選んでいただいたとしても、いざというとき補償内容に不安を感じさせてしまうかもしれません。保険という形のない商品を扱っているからこそ、お客様の視点に立ち、商品をより分かりやすくすることが必要不可欠です。

そこで私たちは、工事保険をより分かりやすく、よりお客様のニーズに沿った商品とする取り組みを行っています。専門性・個別性の高い分野が対象のため、商品ラインアップや補償内容が複雑になりがちですが、パンフレットなどのツールも同時に改善することで、従来より分かりやすさを実現しています。

取り組みは現在進行形ですが、着実に、より分かりやすい商品へと改善し、効果が出始めています。今後もさらに取り組みを推進し、お客様に選んでいただける商品として育てていきたいと考えています。