東京海上日動TQ代理店グループ採用

社員インタビュー

チームの存在を実感することができる職場

株式会社東海日動パートナーズTOKIO
土屋 千晶 24歳
営業職 1年

仕事の仕組みを説明したら、両親も納得しました

私は2014年10月にまったくの未経験で入社しました。最初から保険の代理店に絞って就職活動をしましたが、やはり「入社してすぐにお客様を持てる」という部分に魅力を感じてこの会社を選びました。保険の営業になろうと就職活動している私を見て「新規開拓とかできるの?」と不安がっていた両親も、この仕事の仕組みを知って安心してくれましたね。入社後は2ヶ月間、本社でみっちりと商品知識、保険の仕組みを学び、商談のロープレなども行いました。映像で見せてくれた先輩社員の商談風景は、まったくの素人の私にとっては目からウロコ!とても勉強になりました。年明けからは契約の更新手続きの仕事で少しずつ個人のお客様とのやりとりを始めています。
※2016年4月からスタートする新研修生制度の前身となる制度で入社

お客様との関係が既にできているから、とてもやりやすい!

既にお付き合いのあるお客様に対して、先輩が新入社員を紹介してくれる。これは私にとってもやりやすいですし、お客様の立場からしても抵抗がないやり方だと思います。とはいえ、紹介された時は初対面ですから、お互い慣れるのに多少時間は必要です。でも、まっさらの状態のお客様に飛び込んでいくよりは、確実にアプローチのハードルは低いです。契約内容の確認などで2・3回やりとりすれば、大体の人間関係はつくれます。まだ現場に出て数ヶ月なので、まだまだ保険コンサルティングの醍醐味を語れる段階にはいたっていません。それでも、お客様との距離感が縮まってきたり、お客様の表情が明るくなっていったりと、契約の更新の仕事だけでもやりがいは十分に感じています。

困ったことがあっても、すぐ隣のトレーナーが助けてくれる

私の隣にはトレーナー(教育担当)の方がデスクを構えています。分からないことがあった時にはなるべく自分で調べるようにしていますが、お客様と直で電話をしている状況では悠長なことも言っていられません。そういった時には、隣にいるトレーナーの方にアイコンタクトを取ってその場で不明点を解決しています。また、私を指導してくださるのはトレーナーだけではありません。周りの先輩もとても親切で、先輩が培ってきた知識を惜しみなく公開してくれます。だから、組織・チームの存在を実感することも多い職場ですね。私は学生時代、スポーツトレーナーの経験を通じて、人を支えることの大切さを学びました。この会社でも、どんな風に自分が動けば組織に貢献できるかを考えながら、キャリアアップしていきたいと思っています。

先輩たちは、人としても育ててくれる

有限会社Tグループ
養父 幸平 23歳
営業職 2年

先輩社員からの大きな期待を感じる日々

私は現在研修生として、東京海上日動(尾道支社)と代理店(Tグループ)を行き来しながら、保険商品の基礎や営業の基本を学んでいます。Tグループは、会長を含めて8名というコンパクトな会社ながらも、一人ひとりが保険業務のプロであり、営業と事務がスムースに連携できています。代理店のメンバーは自分よりも一回りも二回りも年齢が上の先輩しかいないため、唯一若手の自分は、常に先輩の指導を受けるポジションにいます。さらには、勇退間近の会長(75歳)がお付き合いしているお客様(個人・法人含めて300社以上)の引き継ぎを担当するなど、新人としては恵まれた環境にあると思います。会社から次世代のエースとして期待されていることを、ヒシヒシと感じますね。
※2016年4月からスタートする新研修生制度の前身となる制度で入社

表面的な知識だけでなく、人間性も同時に高められる職場環境

会長のお客様の引き継ぎは、あくまで代理店サイドの都合にしかすぎません。当然のことながら、お客様は営業担当が新人に変わっても、これまでと同様、あるいはそれ以上の対応を求めるもの。だから引き継ぎは、新規開拓とは違う独特のプレッシャーがあります。特に契約更新の実務面では、まわりの先輩方にいつも助けられていますね。専任のインストラクターからも、知識面やお客様対応面などで毎日多くのアドバイスをもらっています。また、会長のお客様ということもあり、人生経験豊富な方々とやりとりをする機会が多いのが特徴です。そういった意味では、お客様と年齢が近い先輩が多いこの会社で本当に良かったと思います。知識だけでは乗り越えられない、人としての対応力も学ばせていただいています。

「会長のお客様」から「自分のお客様」になる日を目指して

これまでは会長のお客様を引き継ぐことで精一杯でしたが、今後保険の営業として活躍するために自分なりに心掛けていることがあります。それは、お客様とのこれまでの関係を踏襲しながらも、自分ならではの提案を盛り込むチャレンジ精神を忘れないことです。それによって、「会長のお客様」から「自分のお客様」になると思っています。社会人1年目から、数百のお客様を預けていただき、これほど濃厚な経験がたくさん積める環境はそうそうありません。知識、営業力、人間力・・・得られるものは貪欲に吸収していって、早くTグループの営業組織を背負う存在になれたらと思います。