保険の対象

保険の対象は工事現場に所在する以下の物となります。

保険の対象 保険の対象の範囲
本工事の目的物

請負契約上、完成後引渡しを要する工事物件(発注者から支給された支給材料を含みます。)

  • (例)ビル、空調設備、家電品、道路舗装部分
本工事に付随する
仮工事の目的物

本工事を行う際に必要な一時的な構造物

  • (例)型枠工、支持枠工、足場工、工事用道路、仮排水路
工事用仮設物 本工事・仮工事を行うために一時的に設置される電気配線、配管、電話・伝令設備、保安設備および照明設備
工事用仮設建物

本工事を行う際に必要な一時的な建物。工事期間以外においても恒久的に使用する建物は含みません。

  • (例)現場事務所、宿舎、倉庫
工事用仮設建物内の
什器(じゅうき)・備品
工事用仮設建物に収容されている什器(じゅうき)・備品。ただし、家具、衣類、寝具、事務用具および非常用具に限ります。
工事用材料

本工事の目的物の一部を構成する資材またはその工事ですべて償却される資材(発注者から支給された支給材料を含みます。)

  • (例)ビルの一部となる鉄骨、機器および機器と機器を結ぶ配線
工事用仮設材

本工事に付随する仮工事の目的物、工事用仮設物または工事用仮設建物の一部を構成する資材またはその工事ですべて償却される資材

  • (例)コンクリート用の枠、作業用足場として使用する鉄製支持材