財産に関する補償

特徴5 高額貴金属等の損害を補償することができます!

保険の対象が設備・什器(じゅうき)等、商品・製品等の場合は、高額貴金属等の損害について、実際の損害額を一定金額まで補償することができます。

図:補償の限度額

高額貴金属等とは?

貴金属、宝玉、宝石や書画、骨董(とう)、彫刻物その他の美術品で、1個または1組の価額が30万円を超えるものをいいます。