企業財産の保険に関するご案内

費用保険金に関する改定のご案内(2016年12月31日以前始期契約)

東京海上日動では事故が発生した場合の保険金支払いの迅速化を目指すとともに、より充実した補償をお届けするため、2016年12月31日以前始期契約に対して、下記の費用保険金に関する改定を適用します。

背景

従来、保険金をお支払いする際に、修理見積書の内訳を確認の上、「損害保険金(修理費)」と「費用保険金」の額を別々に算出していました。そのため、お客様への保険金支払いに時間を要するケースが生じていました。
このたびの改定により、通常修理見積書に記載される「修理と密接にかかわる費用」を「損害保険金」としてまとめてお支払いすることで、広域災害時等にもよりスピーディーな保険金のお支払いを目指します。
改定内容の詳細は、「改定の内容」でご確認ください。

対象となる商品

保険始期日が2016年12月31日以前始期の下記商品となります。

企業総合保険(財産補償条項)、超ビジネス保険(財産に関する補償)、
普通火災保険、店舗総合保険

改定の適用開始時期

2017年1月1日以降に発生した事故から、改定内容を反映した方法で保険金をお支払いします。

改定の内容

1.「残存物取片づけ費用」「修理付帯費用」の改定

以下の費用を「損害保険金」としてまとめてお支払いします。

【お支払いする保険金】

修理費 改定前 損害保険金としてお支払いしていました。 改定後 損害保険金としてお支払いします。*3 ①.残存物取片づけ費用(例:消化後の残がい等を片づける費用)(修理と密接にかかわる費用) 改定前 残存物取片づけ費用保険金としてお支払いしていました。*1 改定後 損害保険金としてお支払いします。*3 ②a.損害範囲確定費用(例:排水管破損による水漏れ範囲を確定するための建物の屋上から1階の調査費用)(修理と密接にかかわる費用) ②b.仮修理費用(例:事故等の応急処置用のブルーシート費用)(修理と密接にかかわる費用) ②c.損害原因調査費用 ②d.試運転費用 ②e.仮設物設置費用 ②f.残業・深夜勤務等の費用 ②g.賃貸の費用 改定前 修理付帯費用保険金としてお支払いしていました。*2 改定後 修理付帯費用保険金としてお支払いします。*2

(改定のポイント)費用補償が拡充されます。

「残存物取片づけ費用」「損害範囲確定費用」「仮修理費用」は、保険金額とは別に設けられていた限度額が無くなり、損害保険金に含めて「保険金額の1.4倍」を限度に補償するため、費用補償が拡充します。

注記
  • 企業総合保険、超ビジネス保険で水災縮小支払特約を付帯している契約の水災事故については、「残存物取片づけ費用」「損害範囲確定費用」「仮修理費用」を損害保険金(修理費)に含めず、従来どおり費用保険金としてお支払いいたします。

2.「臨時費用保険金」の改定

臨時費用保険金の限度額を以下のとおり改定します。

【企業総合保険・超ビジネス保険の例】

改定前 支払額:損害保険金の10% ただし、1事故につき、保険の対象ごとに100万円を限度 改定後 支払額:損害保険金の10% ただし、1事故につき、保険の対象ごとに100万円または保険金額の10%のいずれか低い額を限度

【普通火災保険・店舗総合保険の例】

改定前 お支払い額:損害保険金の30% ただし、1事故につき、1敷地ごとに500万円(※)を限度とします。 改定後 お支払い額:損害保険金の30% ただし、1事故につき、1敷地ごとに500万円(※)または保険金額の30%のいずれか低い額を限度

  • お支払いする保険金はご契約いただいている商品、保険始期日、セットする特約等により異なります。
    改定内容の詳細についてご確認される場合は、東京海上日動の代理店または営業店にお問い合せください。