貨紙幣類・有価証券の保険マネーディフェンダー

補償内容

保険金の概要

お支払いする保険金の種類

運送保険普通保険約款およびマネーディフェンダー特別約款でお支払いする保険金
お支払いする保険金の種類 お支払いする保険金の概要
損害保険金(貨物の損害に対する保険金) 「輸送中」および「保管中」の貨紙幣類または有価証券に、盗難・滅失等の偶然な事故が発生した結果、被保険者が被る損害に対して支払う保険金。
  • 「貨紙幣類」「有価証券」「輸送中」「保管中」等に関しては定義があります。詳しくは約款をご覧ください。
損害防止費用 ご契約者・被保険者が保険事故の発生にあたり、損害の発生および拡大の防止に努めるために支出した費用。
請求権の保全、行使手続費用 請求権の保全または行使に必要な手続きをするために必要とした費用。
救助料 ご契約者・被保険者が保険事故の発生にあたり、貨物を救助した者に対して支払う報酬。
継搬費用 貨物または輸送用具にこの保険でお支払いの対象となる事故が発生した場合に、貨物を保険証券または引受証記載の仕向地へ輸送するために要した費用(ただし、運送人が負担すべき費用、通常でも発生する費用、被保険者が任意に支払う費用は除きます。)。
共同海損分担額 運送契約に定めた法令、ヨーク・アントワープ規則、もしくはその他の規則に基づき正当に作成された共同海損精算書によって、被保険者が支払うべき分担額。
公示催告・除権決定等の手続きに要した費用 公示催告および除権決定の手続きに要した費用(ただし、株券については株券喪失登録の手続きに要した費用となります。異議申立提供金を含みます。)。
遺失物法に基づく報労金 遺失物法に基づき、東京海上日動の同意を得て拾得者に支払った報労金。
再発行に要した費用 貨紙幣類または有価証券の再発行に要した費用。
有価証券について公示催告手続きまたは株券喪失登録手続きを行った場合は、被保険者の請求により、最終的な損害額が確定する前に一定の金額を限度として保険金の「即時払い」を行います。
お支払いする保険金の種類 お支払いする保険金の概要
即時払 この保険で対象となる有価証券に保険事故が発生した場合、損害を軽減するために必要な法律上の公示催告手続きまたは株券喪失登録手続きを行っていただきますが、損害額の確定には一定の期間を要します。その際に、被保険者の請求により、最終的な損害額が確定する前に一定の金額を限度として保険金をお支払することを「即時払」といいます。確定した最終的な損害額が「即時払」でお支払した保険金を上回る場合には超過額を保険金として追加でお支払し、下回る場合には差額を東京海上日動に返還いただきます。
貨物賠償責任担保特別約款(マネーディフェンダー用)をセットした場合にお支払いする保険金
お支払いする保険金の種類 お支払いする保険金の概要
損害賠償金 運送保険普通保険約款およびマネーディフェンダー特別約款に定める保険事故が発生した場合に、被保険者が貨紙幣類・有価証券の所有者に対して、法律上および契約上の賠償責任を負担することによって被る損害に対して保険金をお支払いします。
損害防止費用 ご契約者・被保険者が保険事故の発生にあたり、損害の発生および拡大の防止に努めるために支出した費用
争訟費用 被保険者が東京海上日動の書面による同意を得て支出した訴訟・仲裁・調停・和解のための費用
協力費用 東京海上日動が被保険者に代わって損害賠償請求の解決にあたるため被保険者に協力を求めた場合において、被保険者が東京海上日動に協力するために支出した費用

先取特権について

貨物賠償責任担保特約をセットしたご契約においては、被保険者に対して損害賠償請求権を有する保険事故の被害者は、被保険者が東京海上日動に対して有する保険金請求権(費用保険金に関するものを除きます。)について、先取特権を有します(保険法第22条第1項)。「先取特権」とは、被害者が保険金給付から他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受ける権利をいいます。

被保険者は、被害者に弁済をした金額または被害者の承諾を得た金額の限度においてのみ、東京海上日動に対して保険金を請求することができます(保険法第22条第2項)。
このため、東京海上日動が保険金をお支払いできるのは、費用保険金を除き、次の(1)から(3)までの場合に限られますので、ご了解ください。

保険金をお支払いできない主な場合

詳しくは運送保険普通保険約款および適用される特別約款をご参照いただくか、代理店または東京海上日動にお問い合わせください。

主として以下の事由によって生じた損害に対しては保険金をお支払いできませんのでご注意ください。