損害サービスの流れ

運送業者貨物賠償責任保険・運賠ナビゲーター

お支払金額の計算例

ケース例

運送受諾した機械(仕切状価額100万円)を受荷主の事務所に搬入作業中、誤って床の上に落下させ、破損により全損になってしまった上、床の修理費20万円全損機械の廃棄費用3万円を請求されました。以下の保険条件で支払われる保険金はいくらになるでしょうか?

保険条件
特約 運賠ナビゲーター特約(1事故てん補限度額3,000万円)
臨時費用担保特約
残存物取り片付け費用・廃棄費用担保特約
第三者賠償責任担保特約(1事故てん補限度額1,000万円)
免責 10万円

計算式

(1)運賠ナビゲーター特約で支払われる保険金90万円

貨物の全損金
100万円
免責金額(-)
10万円
合計
90万円
< 3,000万円(てん補限度額)

(2)臨時費用担保特約で支払われる保険金9万円

90万円 × 10% = 9万円 < 200万円

(3)残存物取り片付け費用・廃棄費用担保特約で支払われる保険金3万円

3万円 < 200万円

(4)第三者賠償責任担保特約で支払われる保険金10万円

対物賠償金
20万円
免責金額(-)
10万円
合計
10万円
< 1,000万円(てん補限度額)

合計 (1) + (2) + (3) + (4) = 112万円

上記は、典型的な損害サービスの流れについて当社が作成した架空の事故例を使用してご説明したものであり、実際のケースでは上記と異なる場合もございます。また、お支払いできる損害・費用も案件の個別事情・ご契約内容により異なりますので、具体的な案件につきましては必ず弊社担当者にご相談いただきますようお願い申し上げます。

8300-MG01-09005-2009年6月作成