損害サービスの流れ

共同海損

一連の流れ

  1. 事故発生

    衝突、座礁、火災、機関故障、船体傾斜等の海難事故が発生した場合には、すみやかに弊社にご連絡ください。

  2. 共同海損の成立の確認

    ヨーク・アントワープ規則に照らして共同海損が成立する要件を満たしていますか?YES→ NO→共同海損の手続きは行われません。

  3. 共同海損の宣言・精算人の任命・GAサーベイの手配

    共同海損精算人を任命し、荷主・定期用船者等の他の共同海損分担利益に対して事故の発生を通知するとともに、共同海損を宣言します。これと同時に、他の分担利益に対して共同海損分担額の支払いを保証する各種書類の提出を要求します。
    さらに、後日の精算の際に必要となる情報収集のためにサーベイを手配します。

  4. 他の分担利益からの必要書類の入手・荷渡し 共同海損分担額の支払いに関する保証関連書類の提出が確認された後に荷渡しを行います。
  5. 共同海損の精算・精算書の発行

    共同海損精算人は、共同海損に認容される損害・費用のとりまとめを行い、各分担利益の分担額を決定します。
    共同海損の精算を早期に完了するためには、精算人より求められた必要書類をすみやかに入手し精算人に提出することが肝要です。

  6. 保険金のお支払い

    船舶保険での共同海損のお支払い額は、共同海損に認容された犠牲損害および費用のうちの船舶分担額となります。

MM00-MG01-09014-2009年6月作成