ご契約時に所定のプレミアム(契約料)を払込みいただき、観測期間中に対象地域に来襲した台風の個数が、ご契約時に定めた一定数を超えた場合に、所定の決済金をお支払いする、法人のお客様向けの金融商品です。

ご注意ください

ここに掲載されている内容は本商品の概要をご紹介するものです。あらかじめよくお読みいただき、お客様ご自身で、取引の妥当性、必要性、リスクおよび効果を十分にご検討いただき、取引が適切であるとご判断いただいた上でご契約ください。また、ご不明な点につきましては、お取引開始前にご確認ください。

商品概要

台風デリバティブは、ご契約時に所定のプレミアム(契約料)を払込みいただき、観測期間中に対象地域に来襲した台風の個数が、ご契約時に定めた一定数を超えた場合に、所定の決済金をお支払いする金融商品です。「台風が接近すると来客が減って、収益が減少してしまうことが心配だ。」、「台風が接近すると防災費用などのコストが増加して困る。」といった法人のお客様のリスクヘッジニーズにお応えする商品です。

契約方式

実際に台風が通過する経路によってどのような損失を被るかは、お客様によって異なります。弊社では、台風の接近・通過の判定方法として「エリア方式」と「ゲート方式」を設け、法人のお客様のニーズに合った契約方式をご選択いただきます。
「エリア方式」では、全国の都道府県庁所在地を中心とする半径150kmの円形の通過エリアを設定し、当該エリアを、一定数を上回る(または下回る)台風の中心(緯度経度)が通過した場合に所定の決済金をお支払いします。
「ゲート方式」では、日本列島またはその沿海上などの2地点を結ぶ約300kmのゲートを設定し、当該ゲートを、一定数を上回る(または下回る)台風の中心(緯度経度)が通過した場合に所定の決済金をお支払いします。

ページの先頭へ

ご契約・お支払いのイメージ

ご契約イメージ

対象指標 台風の通過個数
ストライク値 1個
単位価額 40万円
支払限度額 280万円

お支払いイメージ

例えば、2011年度の場合:台風の通過個数は4個

ご契約・お支払いのイメージ

【用語の説明】

ストライク値
対象指標がその値(例えば台風の個数)を上回った場合(もしくは下回った場合)に、東京海上日動からお客様への決済金のお支払いが発生する値として、契約時に定める契約上の条件値をストライク値といいます。
決済金
対象指標がストライク値を上回った場合(もしくは下回った場合)に、支払限度額を上限として、東京海上日動からお客様にお支払いする金銭のことを決済金といいます。
単位価額
契約時に定める決済金をお支払いする単位(例えば1個)あたりの決済金のお支払額のことを単位価額といいます。
支払限度額
東京海上日動からお客様へお支払いする1契約あたりの決済金の限度額のことを支払限度額といいます。
プレミアム
ご契約の際にお客様から東京海上日動に払込みいただく契約料のことをプレミアムといいます。

ご契約手続き

デリバティブ商品のご契約手続きは保険商品とは異なります。商品内容やご契約のために必要な手続きなどにつきましては弊社営業店よりご案内させていただきます。また、本商品は一部の営業店でのお取扱いとなっております。取扱営業店につきましてはカスタマーセンターにてご案内しております。

ご契約の前に必ずお読みください。

ご契約の際のご注意

東京海上日動は、金融商品取引法に規定する登録金融機関です。
東京海上日動の概要
商号等 東京海上日動火災保険株式会社
取締役社長 北沢 利文
登録金融機関 関東財務局長(登金)第135号
本店所在地 〒100-8050 東京都千代田区丸の内1-2-1
当社が加入している
金融商品取引業協会
日本証券業協会
資本金 1,019億円
主な事業 損害保険業
設立年月 1879年8月
連絡先 (03)3212-6211(代表)

HD03-ER03-16011-201608