主な特約(オプション)

オプション水災縮小支払特約

縮小支払割合を設定して、実際の損害額(残存物取片づけ費用、損害範囲確定費用、仮修理費用を含みます。)より縮小して水災の損害保険金をお支払します。
縮小支払割合は、70%、50%、30%、5%から選択していただきます。

オプション高額貴金属等不担保特約

保険の対象が「建物内設備・什(じゅう)器等」「建物内商品・製品等」の場合

高額貴金属等*1に生じた損害を補償の対象外とします。

  • *1貴金属、宝玉および宝石ならびに書画、骨とう、彫刻物その他の美術品で、1個または1組の価額が30万円を超えるものをいいます。

オプション臨時費用補償特約

損害保険金*1をお支払いする場合に、保険の対象が損害を受けたため臨時に生じる費用に対して、損害保険金の10%を臨時費用保険金としてお支払いします(1事故につき、保険の対象ごとに100万円または「保険金額の10%」のいずれか低い額を限度とします。*2)。

  • *1地震危険補償特約の損害保険金を除きます。
  • *2高額貴金属等を除く商品・製品等は、1事故につき、保険の対象ごとに100万円または「保険金額の12%」のいずれか低い額を限度とします。高額貴金属等は、1事故につき、保険の対象ごとに100万円または「ご契約時に設定した限度額の10%」のいずれか低い額を限度とします。
  • 業務用の通貨等または預貯金証書に生じた盗難による損害に対してはお支払いできません。

オプション借家人賠償責任補償特約

戸室を賃借しているお客様向

  • (1)店舗や事務所等を賃借している方が以下の事故に起因して借用戸室を損壊することにより貸主に対して法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対して借家人賠償責任保険金をお支払いします。
    • 火災、破裂・爆発、盗難、給排水設備の使用または管理に起因する漏水、放水等による水濡(ぬ)れ
  • (2)以下の事故により借用戸室に損害が生じた場合で貸主との契約に基づいて自己の費用で修理したときに、借家人修理費用保険金をお支払いします。
    • 火災、落雷、破裂・爆発、風災、雹(ひょう)災、雪災、盗難、給排水設備に生じた事故または被保険者以外の者が占有する借用戸室で生じた事故に伴う漏水、放水等による水濡(ぬ)れ、借用戸室の外部からの物体の衝突等、騒擾(じょう)、労働争議等

オプション地震危険補償特約

  • (1)以下の(ア)~(ウ)の損害*1に対して損害保険金をお支払いします。
    • (ア)地震、噴火による火災、破裂・爆発によって生じた損害
    • (イ)地震、噴火によって生じた損壊*2、埋没または流失の損害
    • (ウ)地震、噴火による津波、洪水その他の水災によって生じた損害
  • (2)上記(ア)で損害保険金をお支払いする場合に、損害が生じた保険の対象の残存物*3の取片づけに必要な費用に対して残存物取片づけ費用保険金をお支払いします。
  • *1損害の額に、残存物取片づけ費用、損害範囲確定費用、仮修理費用は含みません。
  • *2噴火による火山灰の付着、混入、堆積等またはそれらの疑いがある場合を除きます。
  • *3噴火による火山灰を含みません。
  • 保険の対象の所在地等によりお引受けできない場合があります。詳細は代理店または東京海上日動までお問い合わせください。