よくあるご質問

Q【自動車保険】結婚して別居している子供が帰省中に親名義の車を運転して事故を起こした場合、親名義の自動車保険で補償対象となりますか?

A

親名義の自動車保険で補償対象となるかどうかは、運転される方の範囲・年齢条件の2つの観点からご確認ください。

(1)運転される方の範囲

運転者家族限定特約、運転者本人・配偶者限定特約をご契約の場合は、運転者の範囲がそれぞれ以下の方に限定されます。そのため、これらの特約をご契約のままでは別居の既婚の子は補償の対象となりませんので、これらの特約を削除するお手続きが必要です。

<運転者家族限定特約>
記名被保険者(ご契約のお車を主に使用される方)、その配偶者*1、およびそれらの方の同居の親族・別居の未婚の子*2
<運転者本人・配偶者限定特約>
記名被保険者およびその配偶者*1

(2)運転される方の年齢条件

記名被保険者やその配偶者*1およびそれらの方の同居の親族等以外の方(別居の子や親族、友人等*3)が運転された場合の事故は、ご契約の年齢条件に関わらず補償の対象となりますので、年齢条件の変更のお手続きをいただくことなく、別居の子も補償の対象となります。

  • *1婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある方および戸籍上の性別が同一であるが婚姻関係と異ならない程度の実質を備える状態にある方を含みます(一定の要件を満たすことが書面等により確認できる場合に限ります。)。
  • *2未婚の子とは、これまでに一度も法律上の婚姻歴がない子をいいます。
  • *3上記(1)のとおり、運転者家族限定特約または運転者本人・配偶者限定特約をご契約の場合は、これらの方が運転されたときの事故はその方が年齢条件を満たしているときでも補償の対象外となりますのでご注意ください。
  • 別居の既婚の子が自ら自動車保険をご契約されている場合、その自動車保険で補償の対象となることがあります。詳細についてはご契約の代理店または営業店にご確認ください。

記名被保険者についてはこちらをご参照ください。

運転される方の範囲外の方や年齢条件を満たさない方が運転される場合にご契約条件を見直さなくても、携帯電話でご加入手続きが可能な1日単位の自動車保険「ちょいのり保険(1日自動車保険)」をお申込みいただくことで補償できる場合があります(補償内容が異なりますのでご注意ください。詳細は代理店または東京海上日動までお問い合わせください。)。

ちょいのり保険(1日自動車保険)についてはこちらをご参照ください。

ちょいのり保険(1日自動車保険)