よくあるご質問

Q【火災保険】火災保険にはどのような種類がありますか?

A

居住用建物向けに以下の3つの種類があります。

  • (1)トータルアシスト住まいの保険

    お客様のニーズに応じて補償タイプを選択することができ、火災事故だけでなく、風災、水災等の自然災害や、盗難や水濡(ぬ)れ等の日常災害による事故も補償の対象とすることができます。居住用の建物*1や、その建物に収容される家財が対象となります。*2

  • (2)地震保険

    地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災、損壊、埋没、流失の損害を補償します。居住用の建物と、その建物に収容される家財が対象となります。地震等による損害については、住まいの保険とあわせて地震保険をご契約いただく必要があります。

  • (3)新マンション総合保険

    区分所有建物の共用部分を一括してご契約する場合が対象です。マンション管理組合向けの保険です。

    • *1建物の一部を店舗や事務所として使用している建物(併用住宅)も含みます。
    • *2併用住宅に収容される業務用の設備や商品も対象とすることができます。

各商品の商品内容についてはパンフレット兼重要事項説明書をご参照ください。

パンフレット兼重要事項説明書