よくあるご質問

Q【火災保険】木造建物と鉄骨造建物で保険料に違いがありますか?

A

保険料を決定する要素として、建物の「構造級別」があります。木造建物と鉄骨造建物では、この構造級別が異なる場合があり、その結果保険料にも違いがあります。なお、この構造級別は以下の分類に従い判定します。

  • M→T→Hの順に保険料は高くなります。

【M構造(マンション構造)】

  • (1)下記のいずれかに該当する共同住宅
    • コンクリート造建物
    • コンクリートブロック造建物
    • れんが造建物
    • 石造建物
  • (2)上記(1)以外の耐火建築物・耐火構造建築物の共同住宅

【T構造(耐火構造)】

  • (1)下記のいずれかに該当する建物(M構造以外のうち)
    • コンクリート造建物
    • コンクリートブロック造建物
    • れんが造建物
    • 石造建物
    • 鉄骨造建物
  • (2)耐火建築物
  • (3)耐火構造建築物
  • (4)準耐火建築物
  • (5)特定避難時間倒壊等防止建築物
  • (6)省令準耐火建物

【H構造(その他の構造)】M構造およびT構造に該当しない建物

詳細は代理店または営業店までお問い合わせください。

もっと詳しく確認!

パンフレット兼重要事項説明書