岐阜県在住の皆様へ

岐阜県周辺の過去に起こった地震と活断層

岐阜県地図

上の図はこれまでに発見された活断層を示しています。上記以外にも地下に埋もれて発見されていない活断層が多数存在すると言われています。

岐阜県に被害を及ぼした主な地震

西暦 地域(名称) マグニチュード 主な被害
745. 6. 5 美濃 7.9 美濃で正倉、仏寺、民家の傾倒多し。
1586. 1.18 畿内・東海・東山・北陸諸道 7.8 白川谷で山崩れ、城、住家倒壊300余、圧死者多数。大垣で家屋倒壊多数。
1662. 6.16 山城・大和・河内・和泉・摂津・丹後・若狭・近江・美濃・伊勢・駿河・三河・信濃 7.25~7.6 美濃で家屋被害多数。
1707.10.28 (宝永地震) 8.4 美濃で家屋倒壊400。
1847. 5. 8 (善光寺地震) 7.4 道路崩壊や家屋倒壊があるが詳細不明。飛騨保木脇村で山崩れ、圧死者数十人、住家埋没2。
1854.12.23 (安政東海地震) 8.4 高須、大垣、加納、不破郡、土岐郡、恵那郡で家屋倒壊多数。
1854.12.24 (安政南海地震) 8.4 両日の地震の被害は、美濃南部でひどく、美濃北部へ行くほど軽かった。
1855. 3.18 飛騨白川・金沢 6.75 保木脇で山崩れ、死者12、家屋倒壊2。
1858. 4. 9 飛騨・越中・加賀・越前
(飛越地震、飛騨地震)
7.0~7.1 飛騨北部・越中で被害大。飛騨で死者209、負傷者45、家屋全壊323。
1891.10.28 (濃尾地震) 8.0 美濃で被害大。死者4,990、負傷者12,783、住家全壊50,125、同全半焼4,451。飛騨、郡上、恵那郡ではほとんど被害なし。
1909. 8.14 (江濃地震、姉川地震) 6.8 県西部を中心に被害。死者6、負傷者141、住家全壊6。
1944.12. 7 (東南海地震) 7.9 西南濃地方を中心に被害。死者・行方不明者16、負傷者38、住家全壊406。
1946.12.21 (南海地震) 8.0 西南濃地方で被害。死者32、負傷者46、住家全壊340。
1961. 8.19 (北美濃地震) 7.0 石徹白、白鳥、御母衣などで被害。死者3、負傷者15。

地震保険で地震への対策を万全にしましょう!