宮城県在住の皆様へ

宮城県周辺の過去に起こった地震と活断層

宮城県地図

上の図はこれまでに発見された活断層を示しています。上記以外にも地下に埋もれて発見されていない活断層が多数存在すると言われています。

宮城県に被害を及ぼした主な地震

西暦 地域(名称) マグニチュード 主な被害
869. 7.13 三陸沿岸 8.3 (家屋倒壊、圧死者多く、津波により多賀城下で溺死者1,000。)
1611.12. 2 三陸沿岸および北海道東岸 8.1 (津波があり、伊達領で溺死者1,783、南部、津軽で人馬の死3,000以上。)
1646. 6. 9 陸前・岩代・下野 6.5~6.7 仙台城・白石城で被害。
1793. 2.17 陸前・陸中・磐城 8.0~8.4 仙台藩で死者12、家屋破損1,060以上。
1835. 7.20 仙台 7.0 仙台城石垣破損。
1896. 6.15 (明治三陸地震) 8.5 津波による被害。死者3,452、負傷者1,241、家屋倒壊854、同流失3,121。
1900. 5.12 宮城県北部 7.0 遠田郡で被害最大。死者13、負傷者4、家屋全壊44。
1933. 3. 3 (三陸地震) 8.1 津波による被害。死者・行方不明者308、負傷者145、家屋倒壊528、同流失950。
1962. 4.30 (宮城県北部地震) 6.5 田尻町、南方村を中心に被害。死者3、負傷者272、住家全壊340。
1978. 6.12 (1978年宮城県沖地震) 7.4 死者27、負傷者1,273、住家全壊1,180。
2003. 5.26 宮城県沖 7.1 (負傷者174、住家全壊2棟、住家半壊21棟等。)
2003. 7.26 宮城県北部 6.4 (負傷者677、住家全壊1,276棟、住家半壊3,809棟等。)
2005. 8.16 宮城県沖 7.2 (負傷者100、住家全壊1棟等。)
2008. 6.14 岩手県内陸南部
(平成20年岩手・宮城内陸地震)
7.2 (死者17、行方不明者6、負傷者426、住家全壊30棟、住家半壊146棟等。)
【2010年6月現在】
2011. 3.11 三陸沖
(平成23年東北地方太平洋沖地震)
9.0 (死者19,225、行方不明者2,614、負傷者6,219、住家全壊127,830棟、住家半壊275,807棟等。)
【2015年3月現在 余震・誘発地震を一部含む】
2011. 4. 7 宮城県沖 7.2 (死者4、負傷者296、住家全壊36棟以上、住家半壊27棟以上。)
【2014年3月現在】
2012.12. 7 三陸沖 7.3 (死者1、負傷者15等。)

地震保険で地震への対策を万全にしましょう!