長野県在住の皆様へ

長野県周辺の過去に起こった地震と活断層

長野県地図

上の図はこれまでに発見された活断層を示しています。上記以外にも地下に埋もれて発見されていない活断層が多数存在すると言われています。

長野県に被害を及ぼした主な地震

西暦 地域(名称) マグニチュード 主な被害
863. 7.10 越中・越後 7.0以上 (山崩れ、谷埋まり、民家破壊し、圧死者多数、直江津付近の数個の小島潰滅。)
1703.12.31 (元禄地震) 7.9~8.2 伊那で家屋倒壊あり。松代で家屋全壊2。
1707.10.28 (宝永地震) 8.4 諏訪と南北安曇郡に被害。死者2、家屋全壊567。
1718. 8.22 信濃・三河
(遠山谷の地震)
7.0 飯田領内で、死者12、家屋全壊350余。天竜川沿いに山崩れが多発し、森平山が崩れ、遠山川を堰き止めた。
1751. 5.21 越後・越中 7.0~7.4 松代領で死者12、家屋倒壊44。
1791. 7.23 松本 6.75 松本城の塀など崩れる。住家損壊495。
1847. 5. 8 (善光寺地震) 7.4 松代領で死者2,695、負傷者2,289、家屋全壊9,550。飯山領では死者586、全壊家屋1,977。善光寺領では死者2,486、家屋全壊2,285、同焼失2,094。
1854.12.23 (安政東海地震) 8.4 松本で死者5、家屋倒壊52、同焼失51。松代藩で死者5、負傷者29、家屋倒壊152、飯田、諏訪等でも家屋倒壊あり。
1923. 9. 1 (関東大地震) 7.9 家屋全壊45。
1944.12. 7 (東南海地震) 7.9 住家全壊13。諏訪では軟弱地盤の被害が大きかった。
1946.12.21 (南海地震) 8.0 住家全壊2。
1965. 8. 3 (松代群発地震) 5.4 1967年10月まで。負傷者15、住家全壊10棟。
1984. 9.14 (昭和59年長野県西部地震) 6.8 御岳山の山崩れにより、王滝村で被害。死者・行方不明者29、負傷者10、建物全壊13、同流失10。
2004.10.23 新潟県中越地方
(平成16年新潟県中越地震)
6.8 (死者68、負傷者4,805、住家全壊3,175棟、住家半壊13,810棟等。)
2007. 7.16 新潟県上中越沖
(平成19年新潟県中越沖地震)
6.8 (死者15、負傷者2,346、住家全壊1,331棟、住家半壊5,709棟等。)
2011. 3.11 三陸沖
(平成23年東北地方太平洋沖地震)
9.0 (死者19,225、行方不明者2,614、負傷者6,219、住家全壊127,830棟、住家半壊275,807棟等。)
【2015年3月現在 余震・誘発地震を一部含む】
2011. 3.12 長野・新潟県境 6.7 (負傷者57、住家全壊73棟、住家半壊427棟等。)
2011. 6.30 長野県中部 5.4 (死者1、負傷者17、住家半壊24棟等。)
2014.11.22 長野県北部 6.7 (負傷者46、住家全壊77棟、住家半壊137棟。)
【2015年1月5日現在】

地震保険で地震への対策を万全にしましょう!