奈良県在住の皆様へ

奈良県周辺の過去に起こった地震と活断層

奈良県地図

上の図はこれまでに発見された活断層を示しています。上記以外にも地下に埋もれて発見されていない活断層が多数存在すると言われています。

奈良県に被害を及ぼした主な地震

西暦 地域(名称) マグニチュード 主な被害
1185. 8.13 近江・山城・大和 7.4 寺社家屋倒壊破損多く、死者多数。
1361. 8. 3 畿内・土佐・阿波 8.25~8.5 南海トラフ沿いの巨大地震。寺社などの被害。
1596. 9. 5 畿内
(慶長伏見地震)
7.5 寺社倒壊などの被害。
1707.10.28 (宝永地震) 8.4 南海トラフ沿いの巨大地震。家屋全壊約280。
1854. 7. 9 伊賀・伊勢・大和および隣国
(伊賀上野地震)
7.25 奈良で死者280、全壊家屋700~800。周辺に被害あり。
1891.10.28 (濃尾地震) 8.0 死者1、負傷者2、家屋全壊16。
1899. 3. 7 紀伊半島南東部
(紀伊大和地震)
7.0 南部を中心に被害。家屋全壊あり。
1944.12. 7 (東南海地震) 7.9 死者3、負傷者17、住家全壊89。
1946.12.21 (南海地震) 8.0 負傷者13、住家全壊37。
1952. 7.18 (吉野地震) 6.7 死者3、負傷者6。

地震保険で地震への対策を万全にしましょう!