構造級別

火災保険は、建物(家財等を収容する建物を含む)の構造に応じて「構造級別」を判定し、「構造級別」に基づき保険料を算出しています。

建物の構造級別は「コンクリート造」「鉄骨造」「木造」といった【柱】の種類に着目して判定します。
ただし、「耐火建築物」「耐火構造建築物」「準耐火建築物」「特定避難時間倒壊等防止建築物」または「省令準耐火建物」のように建物全体の耐火性が優れている場合は、「木造」であってもこの建物の性能に応じた【耐火基準】を優先して構造級別を決定します。

【耐火基準】で判定する場合
  • (1)建築確認申請書等の建物の耐火性能が判定できる書面 (建築確認申請書(例))
  • (2)施工者または不動産会社(以下、施工者等といいます。)による証明書

のいずれかをご提出いただく場合があります(住宅のパンフレット等で確認できることもあります。)。

構造級別と保険料の関係については、下図をご参照ください。

表:構造級別

構造級別判定フローチャート

以下のフローにしたがって、建物(家財等を収容する建物を含む)の「構造級別」を判定します。

表:構造級別判定フローチャート

ご注意ください

  • 「耐火建築物」「耐火構造建築物」「準耐火建築物」「特定避難時間倒壊等防止建築物」または「省令準耐火建物」に該当する場合、【柱】のみで構造を判定した場合と比べて保険料が大幅に安くなる可能性があります。特に【柱】が「木造」の場合、「構造級別」の判定にあたってはご注意ください。
  • 建物の【柱】が複数の異なる種類で建築されている場合、代理店または東京海上日動までお問い合わせください。

保険を検討のお客様へ