最先端の損害確認技術

東京海上日動はいち早く災害現場の状況を把握し、正確な対応ができるよう、
最先端の損害確認技術を採用しています。

衛星による損害状況の撮影自然災害が発生したエリアの衛星写真を早期に入手し、いち早く被害の全容を確認します。規制や天候によって、ドローンが使用できない場合も衛星写真を使用します。
災害規模に応じて対策本部等を設置し、被災地のお客様を支援できる態勢を整えます。

高解析度カメラ搭載ドローンドローンに高解析度カメラを搭載。自然災害が発生したエリアを上空から撮影し、人が侵入できないエリアの被害状況を確認します。
映像はリアルタイムに確認することもできます。

会議室⇔災害現場 リアルタイム通信

遠隔映像伝送システム災害発生現場で損害調査担当者がウェアラブルカメラを装着し、映像を通して本社査定担当者等とリアルタイムで被害状況を確認します。
高画質映像の配信、音声通信も可能です。