ホーム>災害への対応>地震>対応

地震への対応

地震発生!そのときどうする?

地震はいつどこで発生するか分かりません。実際に遭遇したとき、どのように行動すべきか。日頃からシミュレーションしておくことが、大切です。

STEP1 地震速報

テレビやラジオなどで届けられる「緊急地震速報」。速報を受信してから、揺れが始まるまでの時間はわずかですが、心構えやとっさの安全確保ができます。あわてずに、まずは周囲の状況を確認し、安全な場所へ退避するようにしましょう。

地震が発生し、P波(初期微動)、S波(主要動)が発生します。地震発生直後地震計が作動し、瞬時のデータが気象庁に届くことにより緊急地震速報が、家庭、集客施設、工場、交通機関に届きます。

STEP2 地震発生時

安全な場所に身を寄せて、揺れが収まるまでそのまま待ちましょう。物が落ちてきたり、倒れてきたりしそうな場所は避けること。もし、そのような場所で地震に遭遇した場合でも、しっかり頭を守れるよう身構えておきましょう。

STEP3 地震発生直後

家では?

  • いつでも避難できるように、防災用品などを確認し、家族と避難場所について話し合っておく
  • 窓や戸を開けて出口を確保
  • 飛散したガラスなどに注意
  • あわてて外に飛び出さない
  • 火の元確認、初期消火
  • 傾いた家屋やブロック塀、崖や裏山などに不用意に近づかない
  • 危険な作業や、すぐに身の安全を図ることが難しい作業は、地震活動が活発な間は延期する

揺れがおさまってから避難できるように、扉などを開けて出口を確保しておきましょう。火を使っている場合は、揺れがおさまった段階で速やかに消しておきます。とにかくあわてず行動することが大切です。

外では?

  • ブロック塀などに近づかない
  • 看板やガラス窓から離れる
  • あわてずに行動する
  • 壊れた家屋などで救命・救助活動を行う際にも、余震が発生した場合はすぐに避難できるようにする
  • 海岸や川の河口に近付く場合は、津波警報・津波注意報が発表されたことをいつでも確認できるように、ラジオなどを携帯する。また、高台などの避難場所を事前に調べておく
  • 津波警報・津波注意報が発表された場合や、海岸付近で強い揺れや長く続く揺れを感じた場合には、ただちに海岸や川の河口から離れ、安全な場所に避難する

まずは周囲を見渡して、物が落ちてきたり倒れそうな場所には近づかないこと。余震の可能性もあるので、とにかくあわてず、安全な場所で少し様子を見てから、避難することが必要です。

  • 出典:文部科学省 地震調査研究推進本部事務局、気象庁ホームページより

STEP4 地震発生後

テレビやラジオ、市町村から伝えられる正確な情報に基づいて、確かな行動をするように心掛けましょう。まずは家族の無事を確認し、近所の方で倒壊した家の下敷きになっている人がいたら、救助に協力しましょう。避難所へ向かうときは、ガスの元栓を閉めて、電気のブレーカーを落としましょう。

津波への対応

地震後、津波が発生することもあるので海岸の近くにいる場合は海岸から離れてください。津波注意報や津波警報が発表されたら、ただちに高台の安全な場所へ避難してください。

万が一、地震で情報が断絶してしまったときの対応

地震の影響で電気が使えなくなり、テレビやラジオからの情報取得が難しくなることも考えられます。その場合、乾電池で利用できるラジオや、手回し充電ができる非常用ラジオが重宝します。また、より身近な地域での情報や、リアルタイムの情報を取得するには、携帯電話や携帯メールが有用です。インターネットが使える携帯電話で、自治体の防災ホームページにアクセスしたり、TwitterやFacebookを活用して情報取得・情報発信したりする方法も、非常時には大いに役立ちます。
インターネット回線を使うIP電話は、停電によって使用できなくなる恐れがあります。停電時でもIP電話を使えるようにするには、一定時間電力を供給できる「無停電電源装置(UPS)」が有効です。

災害のきづき ~体験者から学ぶこと~

私たちは「自分が災害に遭うことはないだろう」と考えがちです。しかし、近年思いもよらないところで多くの災害が発生しています。災害は決して他人事ではありません。ここに集めた体験談を参考にしてください。

予想もしなかった巨大な津波~毎日見ていた看板で命助かる~


※内閣府 一日前プロジェクトより転載

私の住む地域では、地震や津波の可能性は早くから指摘されていました。でもまさかあんなにも大きな規模の津波が来るとは思ってもいませんでした。万一津波が来ても庭先くらいかなあという感じ。だから…

関連リンク

このサイトの情報は一例です。
あなたにとっての防災・減災を考えるきっかけとしてぜひご活用ください!