ホーム>災害への対応>大雪>被害

大雪の被害

大雪によって起きる被害

雪は他の天災と違って、長時間その場に残るため、降っている時だけではなく、降った後も、その周辺地域にさまざまな災害を引き起こします。

停電

雪が電線の上に積もると、その重みで電線が切れ、停電が起こることがあります。特に太平洋側では湿った重たい「ぼたん雪」が降ることが多く、送電線にかかる負荷はより大きくなります。

交通障害

大雪が降ると、交通機関の運休や主要道路の通行止めなどによる、交通障害が発生しやすくなります。線路や道路の除雪作業の遅延や、雪による自動車のスリップ事故などにより、交通障害は長時間化することがあります。
雪に不慣れな太平洋側の平野部では、わずかな積雪でも交通機関が混乱し、社会機能に大きな影響を及ぼすことがあります。

凍結による転倒事故

降り積もった雪が道路上で凍ったり、タイルや大理石の上でシャーベット状になったりすると、表面が滑りやすくなり、そこを歩く人が転倒して頭を強打したり、骨折したりする事故が起きやすくなります。特に、太平洋側の平野部などでは、雪の上を歩くことに慣れていない人が多いため、転倒してケガをする事故が比較的多く発生しています。

家屋の倒壊

大量の雪が屋根に積もると、その重みで家屋が倒壊することがあります。また、ビニールハウスの倒壊や商店街のアーケードの落下が発生することもあります。屋根に2mの雪が積もった場合、その重さは1m2あたり600kg以上といわれています。

自動車利用による事故

大量の雪が降った道路を走行していると、自分の自動車がスリップしたり、他人の自動車のスリップに巻き込まれたりすることがあります。

また、急な暴風雪に遭って排気口(マフラー)が雪でふさがり、逃げ道がなくなった排気ガスが車内に流入して、一酸化炭素中毒になる事故が発生しています。

2014年2月 関東甲信越で記録的な大雪

急速に発達した南岸低気圧により、2014年2月8日~9日は関東甲信越で記録的な大雪となり、千葉では観測史上最高の33cm、熊谷では60年ぶりに43cmを記録しました。そして、1週間後の2014年2月14日~15日には、再び記録的な大雪に見舞われ、生活に大きな影響がありました。
東京では45年ぶりとなる27cmの積雪が2度続き、長期にわたって交通・物流がマヒしました。また、甲府ではこれまでの観測記録を2倍以上上回る114cmの降雪により、数日間孤立する事態に陥りました。

  • 写真は日本気象協会「ニュースリリース」より転載

雪崩(なだれ)による被害

山間部では雪崩が起きる危険があります。その種類と被害状況を見ていきましょう。

雪崩は、斜面に積もった大量の雪が崩れ落ちる現象のことです。積もって固くなった古い雪の上に、新たに降った雪が積もり、新しい雪の層だけが滑り落ちる「表層雪崩」と、雪の層と地面の間に雪解け水が流れて、雪の層全体が滑り落ちる「全層雪崩」の2種類があります。

雪崩の速度は極めて速く、表層雪崩で時速100km~200km、全層雪崩で時速40km~80kmで雪が滑り落ちてきます。その衝撃は、コンクリートの建物も破壊するといわれていて、雪による災害の中で特に恐れられています。

例えば、2006年2月に秋田県仙北市の乳頭温泉で発生した表層雪崩では、作業員1名が死亡、宿泊客16人が負傷し、旅館施設の一部が破損しました。また、2010年2月に長野県下高井郡山ノ内町の志賀高原前山スキー場で発生した表層雪崩により、ホテル駐車場に駐車していた乗用車とバスが流されてホテルに衝突し、窓ガラスが割れて2名の宿泊客が負傷しました。

図:表層なだれ

図:全層なだれ

除雪作業

除雪作業中の事故

豪雪地帯ではほとんどの家庭が、家屋の倒壊を防ぐために、屋根に積もった雪をかき落とす、雪下ろしを行います。しかし、雪下ろし中に足を滑らせて屋根から転落する事故が後を絶ちません。屋根から落ちてきた雪が直撃したり、落ちてきた雪に埋まったりする事故と合わせて、毎年多くの人が亡くなっています。

2005年から2006年にかけての冬に発生した「平成18年豪雪」では、112名の人が除雪作業中に亡くなりました。

雪解け水による災害

春になって雪解け水が大量に川に流れ込むと、川が増水して場合によっては土石流が発生する恐れもあります。また、大量の雪解け水が地中にしみこむことで、地すべりの引き金となることがあります。

受付の多い事故形態

大雪の後に、弊社にご連絡をいただく事故受付の例です。ご注意ください。

  • 自動車運転中のスリップ事故
  • 駐停車中のワイパー折損
  • 積雪荷重によるカーポートの破損
  • 積雪荷重による樋(とい)の変形
  • 積雪荷重による家屋の倒壊
  • すが漏れ*
  • 転倒による受傷事故
  • 屋根に積もった雪が屋内から伝わる熱で溶け、屋根を流れ落ちるうちに再び軒先で凍り、つららや氷堤ができることにより、水の流れをせき止めてしまうことで、屋根材などの隙間から屋内に漏水すること。

関連リンク

このサイトの情報は一例です。
あなたにとっての防災・減災を考えるきっかけとしてぜひご活用ください!