ホーム>安心安全な社会の実現に向けた東京海上日動の取り組み>東京海上日動の防災・減災への取り組み

東京海上日動の防災・減災への取り組み

地震、津波、洪水、ハリケーンと、過去70年間と比較しても、自然災害の発生数は急激に増えています。気候変動がもたらす自然災害リスクは年々高まっていますが、いつ、どこで発生するかわからない自然災害を避けることはできません。
そのためにも、被害を最小限にするべく日頃から防災・減災活動を啓発し備えること、万が一、災害が発生した場合は迅速かつ適切に保険金をお支払いすること、災害からの早期復旧・復興を支援することが、私たち東京海上日動の使命だと考えています。

取り組み内容

ぼうさい授業

東京海上日動では、2012年度より地域・社会貢献活動の一環として、防災をテーマとした小学生向けの出前授業「ぼうさい授業~地震・津波編~」を全国で実施しています。
「ぼうさい授業」は、東日本大震災の教訓を踏まえ「地震・津波の知識を子どもたちに伝えて災害に備える力をつける手助けをしたい」「防災について家族が話し合う機会を作りたい」という想いから開発したもので、東京海上日動リスクコンサルティングのノウハウをベースに、東京海上日動が産学連携を協定している東北大学 災害科学国際研究所 地震津波リスク評価(東京海上日動)寄附研究部門の監修を受けています。

東京海上日動の自然災害リスク研究に関する産学連携

東京海上グループは、これまでも気候変動という新たなリスクに積極的に対応してきました。2006年12月より、組織横断的な「地球温暖化研究プロジェクト」を発足し、気候変動の適応・緩和に繋がる商品・サービスの開発・提供を行っています。

そのプロジェクト内で研究している気候変動・自然災害リスクについて、日本国内の有力大学と産学連携を行っています。

関連リンク