ホーム>安心安全な社会の実現に向けた東京海上日動の取り組み>東京海上日動の防災・減災への取り組み>ぼうさい授業について

ぼうさい授業について

東京海上日動では、2012年度より地域・社会貢献活動の一環として、防災をテーマとした小学生向けの出前授業「ぼうさい授業~地震・津波編~」を全国で実施しています。
「ぼうさい授業」は、東日本大震災の教訓を踏まえ「地震・津波の知識を子どもたちに伝えて災害に備える力をつける手助けをしたい」「防災について家族が話し合う機会を作りたい」という想いから開発したもので、東京海上日動リスクコンサルティングのノウハウをベースに、東京海上日動が産学連携を協定している東北大学 災害科学国際研究所 地震津波リスク評価(東京海上日動)寄附研究部門の監修を受けています。

ぼうさい授業とは

「ぼうさい授業」の講師は、東京海上グループ社員・代理店がボランティアで担当し、「地震・津波」について「発生のしくみ」や「いざ災害が起こった際に必要な行動」、「災害が起こる前に用意しておくこと」などを、動画やイラストを使ってわかりやすく伝えます。
「クイズ形式」を採用するなど、子どもたちが興味をもって一緒に考えるよう工夫しています。

  • 対象:小学4~6年生
  • テーマ:防災(地震・津波)
  • 講師:東京海上グループの社員・代理店がボランティアで担当
  • 企画・運営:東京海上日動火災保険株式会社
  • 教材開発:東京海上日動リスクコンサルティング株式会社
  • 監修:東北大学 災害科学国際研究所 地震津波リスク評価(東京海上日動)寄附研究部門*

授業内容

カリキュラムでは、主に地震が起こるメカニズムを理解したうえで、災害発生時に正しい行動をとるために必要な、正しい考え(知識)と訓練(備え)が必要であることを理解します。

  • 1地震はどうしてこわいの?

    過去に発生した大地震を振り返り、防災について考えることの大切さを伝えます。

  • 2地震発生のメカニズム (地震や津波はどうして起こるの?)

    地球の構造や、プレートがぶつかって地震や津波が発生する仕組みを、イラストや動画を使って説明します。

  • 3地震のとき、どのように行動すればいい? (考えよう!「こんなときどうする?」)
    • さまざまな場面(学校、街中、家など)を想定し、地震発生時にどのような行動をとるべきかを考えます。
    • 家族との連絡手段や待ち合わせ場所などを話し合っておくことの重要性を伝えます。
    • 非常持ち出し品など、災害への備えについて考えます。


    授業を受けた先生の感想

    • 児童は、地震防災についての知識理解を深めることができた。
    • 児童が、家に帰って、「我が家の防災計画」をつくろうという意欲を持つことができたのではないか。

    授業を受けた児童の感想

    • 地球の内部の仕組みがとてもよくわかり、プレートがはね上がって地しんが起こることもわかりました。
    • 津波が、こんなに速いとは、知らなかったのでおどろきました。
    • 地震が起きた時にどのようにすれば良いか、理解することができた。

関連リンク