地球の未来にかける保険

社員の思いから

マングローブは地球温暖化の主要因といわれる二酸化炭素を吸収し、蓄える力が大きいことで注目されています。また、マングローブの根がつくる安全な空間は「命のゆりかご」と言われ、豊かな生態系を育んでいます。さらには、「みどりの防波堤」として津波等の自然災害から人々の生活や生態系を守る役割を果たしています。

東京海上日動は、このマングローブを「地球の未来にかける保険」と位置づけ、植林活動を100年続けることを目指して取り組んでいます。

その思いを国内にも

これまで東南アジアを中心に、海外でのマングローブ植林活動を続けてきましたが、東日本大震災の経験を機に、改めて国内の環境についても守り育てることの重要性を認識しました。多くの社員からも「国内の環境保護活動も支援してはどうか」という声が寄せられ、2013年10月から日本各地にも環境保護活動を広げています。

マングローブ植林活動は環境保護にとどまらず、マングローブの森が災害から人々を守り、豊かな生態系が人々の生活も豊かにする等、様々な効果があることがわかり、継続していくことの重要性を感じています。
この思いを国内にも向けて、各地域において、主に次の世代を担う子どもたちを対象とした環境保護活動を実施していきます。

「Green Gift」プロジェクトに参加しませんか?  Web約款等を選択して参加 国内の環境保護イベントに参加 参加方法の詳細を見る