Q1マングローブとは何ですか?
A「マングローブ」は熱帯・亜熱帯地域の河口など、満潮になると潮が満ちてくるところに生えているヤシやシダの仲間などの植物の総称です。
Q2マングローブの名前の由来は何ですか?
Aポルトガル語のマングローブの意味である「マングエ」、あるいはスペイン語の「マングレ」と小さな森の意味の groveが一緒になって「マングローブ(mangrove)」になったという説がありますが、学者の間でもさまざまな説があり結論はでていないそうです。
Q3マングローブは何種類くらいあるのですか?
Aヤシやシダなどの仲間も合わせると、世界では100種類以上の植物がマングローブと呼ばれています。
Q4世界のマングローブ林はどれくらいの広さなのですか?
A世界のマングローブ林の面積は約1,500万ヘクタールです。アジア、アフリカ、南アメリカなどの地域別に見るとアジアがもっとも多く、国別に見るとインドネシアが最大です。
Q5日本のマングローブ林はどれくらいの広さなのですか?
A日本のマングローブ林の面積は500~600ヘクタールでそのほとんどが沖縄県にあり、特に西表島が有名です。
Q6国内で実施する「環境保護活動」イベントの参加対象は誰ですか?
A小学生をはじめとするお子さんから大人の方まで、幅広く参加できるイベントをご用意しています。詳しくはイベントを実施するNPO等のサイトをご覧ください。
Q7環境保護イベントに参加するにはどうしたらいいですか?
Aイベントを実施するNPOのサイトからお申し込みください。「Green Gift 地球元気プログラムの各イベントの募集ページ」からリンクしています。