イベントの開催有無や詳細は、必ず事前に各団体にご確認ください。
募集終了/山梨県
特定非営利活動法人 フィールド'21
(山梨県地球温暖化防止活動推進センター)
親子木の体験塾

イベント名:
親子木の体験塾
開催日時:
2014年3月29日(土)10:00~14:30

活動内容

最初のプログラムは屋外で薪割り機を使った丸太切断(玉切り)の実演講習会。子ども達はドキドキしながら防具を装着して機械を使った薪割りを体験しました。次に屋内に移動し、親子で「木の体験塾」に参加。二酸化炭素の吸収源である森を大切にしていくことを学びました。その後、子どもたちはグループに分かれて木のクイズにチャレンジ。お互い助けあいながら楽しく取り組みました。小さな子ども達が参加したグループの正解率が一番高かったのにはびっくり!そのグループにはヒノキのプレートがプレゼントされました。クイズの間、親は外で竹の箸とお皿作り。子どもたちが戻った時に教えてあげたことにより、貫録と存在感を示すことができたようです。その他、木質バイオマスを使ってのピザ焼きも体験。自分で作った竹の箸とお皿を使って会場のレストランベルクから提供された天然酵母のピザとパン、スープをいただきました。

参加人数

参加人数(スタッフを除く):
64名
うち子どもの人数:
36名

参加者の声

イベントを振り返って 主催団体より一言

大雪の影響で3月1日の開催が29日に延期となりましたが、新聞社やTV局の取材のおかげで、活動の様子を広く知っていただくことができました。特に地元のCATV局は一日密着取材をいただき、15分の番組が4回放送されました。番組を見ていただいた方の反応も良かったです。


イベント概要

イベント名

親子木の体験塾

メッセージ

地球温暖化対策として、二酸化炭素の吸収源である森を育成することが必要です。
子どものころから森に愛着を持ってもらい、間伐することの重要性を知り、間伐材を有効活用する方法を体験いただきます。

開催日時

2014年3月29日(土)10:00~14:30

申込締切日

2014年3月24日(月)

イベント内容

山梨県内の親子の方を対象に、丸太を移動式機械で切断(玉切り)、薪割りを見ていただき、解説を行います。間伐材を有効活用する意義を伝えるとともに、二酸化炭素の吸収源である森を大切にしていく心を育みます。
同時に子どもたちには竹から箸を作ることや、竹製のお椀・お皿を使っていただくことで間伐材に親しんでもらい、将来、山梨県産の木質バイオマスを使用していただく気持ちを育む活動を行います。

当日のスケジュール

集合時刻 10:00
1.挨拶
2.丸太切断と薪割り実演および解説(一部の親子の方は、防具装着体験)
3.竹の箸作り
4.講習会「親子木の体験塾」(研修室)
5.木のクイズ
6.薪窯による自然酵母のピザとパン焼き(手作りピザ石窯2台使用)
7.竹製のお椀でスープ試飲、竹製の箸と皿でピザとパンの試食
8.薪詰め体験
9.振り返り(参加者全員から意見・感想を話していただく)
終了時刻 14:30

開催場所と集合場所

開催場所:
レストランベルク中庭と研修室
集合場所:
レストランベルク中庭
甲斐市龍地 3452(http://www.restaurant-berg.jp/)

持ち物・服装

汚れても良い服装

対象者・募集人数

対象者:
小学生(高学年)と保護者
募集人数:
50人(小学生と保護者25組)

雨天時について

雨天時は研修室にて上記スケジュールの1、3、4、5、7、9を実施

実施団体

実施団体:
特定非営利活動法人 フィールド'21(山梨県地球温暖化防止活動推進センター)
共催:
特定非営利活動法人日本NPOセンター、山梨県木質バイオマス協議会、レストランベルク
協力:
関東地方環境パートナーシップオフィス
協賛:
東京海上日動火災保険株式会社
後援:
環境省、山梨県

お問合せ先

特定非営利活動法人 フィールド'21(山梨県地球温暖化防止活動推進センター)

電話:
055-228-3830
URL:
http://field21.sakura.ne.jp/
E-Mail:
field-21@rose.plala.or.jp

参加者へのメッセージ

森に親しみ大切に育てていこう!
間伐材や竹を有効活用しよう!

申し込み方法

詳細は、特定非営利活動法人 フィールド'21のホームページをご覧ください。
※ 定員になり次第、申し込みを締め切ります。