イベントの開催有無や詳細は、必ず事前に各団体にご確認ください。
終了/北海道
特定非営利活動法人 いぶり自然学校
『コミもり』~森を育む。森で育む。~ WONDER FOREST inさっぽろ

イベント名:
『コミもり』~森を育む。森で育む。~ WONDER FOREST inさっぽろ
メッセージ:
子どもから大人まで楽しめるプログラムが盛りだくさん!好きな活動に参加しながら森づくりをしませんか?どなたでも森づくりに貢献できることを知っていただけるイベントです!
開催日時:
2016年5月8日(日)10:00~15:00

活動内容

札幌市の旭山記念公園で「WONDER FOREST inさっぽろ」を開催しました。「森のようちえん」では、園内散策をしながら倒木をみんなでひろって薪にすることで、自然とふれあいました。「森ヨガ」では、始まる前に地面に落ちている落枝等を拾い森のお手入れをした後に、春の日差しが降り注ぐ中リラックスできるヨガを体験しました。「ツリーイング」では、ロープを自分で使いながら高いところまで登っていき、目線の変化でいつもの森が違って見えるなど、多様な視点の違いを感じることができました。「森のお手入れ・薪割り」では、小さな枝拾いでも森づくりにつながること、公園の管理で伐採した樹木が薪として再利用されエネルギーになることを体感してもらいました。「冒険あそび場」は林間に張り巡らしたロープ等で遊ぶ子どもの姿が多く見られ、ブランコや秘密基地づくり等森の中ならではの遊びが広がり、竹馬やダンボール遊びも好評で、子どもたちの賑やかな声が響き、保護者の方も一緒に楽しんでいる姿が見られました。「木育コーナー」では、きぼうのプールや木の積み木スギックモック等、幼児も落ち着いて遊べる空間として利用され、木のマグネット、寄せ木のキーホルダー、木ボックリづくり、森の枝フォトフレームづくりなどは小学生や保護者の方が集中してものづくりされている姿がとても多く見られました。「森のフラダンス」では木の実や枝を用いてフラダンスを踊り、いやしの空間が作られていました。それぞれのプログラムを通して、様々な角度から森林、公園という場所の理解が深まり、森への小さな関わりや貢献が森のお手入れにつながっているということを体感できた一日となりました。

参加人数

参加人数(スタッフを除く):
164人
うち子どもの人数:
89人

参加者の声

イベントを振り返って 主催団体より一言


イベント概要

イベント内容

普段の生活では出会うことのない人同士が会話を交わし、活動を楽しむことにより、木や森とのつながりを体験いただきます。子どもから大人まで楽しめるプログラムを提供します。

・ 森のようちえん ※
・ ツリーイング体験 ※
・ ヨガ体験 ※
・ 木育コーナー(木工クラフト、きぼうのプール等)
・ 森の冒険遊び場
・ 森のエネルギーをもらう、薪割り体験
・ 森のなかをキレイにしよう(林床や公園の環境整備) 等

※ 事前受付制のプログラムとなります。詳細は団体ホームページをご確認ください。

開催場所

旭山記念公園 (札幌市中央区界川4丁目)
地下鉄東西線「円山公園駅」から、JR北海道バス旭山公園線(円13)で約15分「旭山公園前」下車、徒歩約4分 駐車場あり

実施団体

主催:
特定非営利活動法人 いぶり自然学校
共催:
認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター 札幌まるやま自然学校
協力:
北海道環境パートナーシップオフィス 学校法人美専学園 北海道芸術デザイン専門学校
協賛:
東京海上日動火災保険株式会社
後援:
環境省

お問合せ先

札幌まるやま自然学校

住所:
北海道札幌市西区発寒3条5丁目7-30-202
電話:
090-7516-5661
E-Mail:
s.maruyama.n.s@gmail.com