イベントの開催有無や詳細は、必ず事前に各団体にご確認ください。
終了/静岡県
特定非営利活動法人 はまなこ里海の会
浜名湖アマモ場観察会

イベント名:
浜名湖アマモ場観察会
メッセージ:
東京~大阪間で最大級を誇る浜名湖のアマモ場を体感してみませんか?アマモ場は「海のゆりかご」とも呼ばれ、魚介類にとって産卵場や養育の場となっています。観察会では、アマモ場に入り込んで、普段触れることのない海中にすむ生きものを観察します。たくさんの生きものたちが待っていますよ!
開催日時:
2016年7月30日(土)10:00~15:00

活動内容

アマモ場の大群生地である浜名湖の観察会を行いました。海草が青々と繁っているアマモ場を実際に探検し、タモ網でタツノオトシゴやヨウジウオ、エビやカニの仲間を捕まえて観察。最初は、うまく捕まえられなかった子どもたちも、大人と協力して何回かトライしていくうちに、「あ!魚だ!」「うぁ!何だこれ!?」といった声をあげていました。大人も子どもも浜名湖の自然に包まれ、生きものたちがこのアマモ場で産卵し成長していくこと、アマモが“海のゆりかご”と呼ばれることを実感しました。湖から上がった後は渚園でお待ちかねのバーベキュー!浜名湖の自然の豊かさを味わい、ウォット(浜名湖学習施設)見学を通して、浜名湖の自然についてさらに学びを深めました。

参加人数

参加人数(スタッフを除く):
55人
うち子どもの人数:
24人

参加者の声

イベントを振り返って 主催団体より一言

渚園やウォットといった浜松市や静岡県の施設と協働することで、幅広い視点でプログラムを実施することができました。子どもたちに浜名湖が生きた湖であることに気づいてもらい、また大人にも浜名湖内部において、このような自然体験ができることを理解してもらうことができ、大きな成果がありました。


イベント概要

イベント内容

浜名湖には、まだ多くのアマモ場が存在し、地域の漁業を支えています。静岡県水産技術研究所付帯施設のウォットで「浜名湖の話」のレクチャーを受け、隣接する渚園西側のアマモ場で観察体験をします。

開催場所

静岡県浜松市西区舞阪町(ウォット・渚園)および浜名湖内水面(渚園西側)

実施団体

主催:
特定非営利活動法人 はまなこ里海の会
共催:
認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター
協力:
関東環境パートナーシップオフィス 浜名湖体験学習施設 ウォット
協賛:
東京海上日動火災保険株式会社
後援:
環境省

お問合せ先

特定非営利活動法人 はまなこ里海の会

住所:
浜松市西区村櫛町5752-3
電話:
080-3633-4946(担当:窪田様)
E-Mail:
umiattyuu@yahoo.co.jp