イベントの開催有無や詳細は、必ず事前に各団体にご確認ください。
終了/北海道
特定非営利活動法人 いぶり自然学校
イコロの森FIKA(コドモもオトナも森あそび)・安全な森遊びのための森との付き合い方講座

イベント名:
イコロの森FIKA(コドモもオトナも森あそび)・安全な森遊びのための森との付き合い方講座
メッセージ:
子どもから大人まで楽しめるプログラムが盛りだくさん!好きな活動に参加しながら森づくりをしませんか?どなたでも森づくりに貢献できることを知っていただけるイベントです!
開催日時:
2017年9月10日(日)10:00~15:00

活動内容

苫小牧市内イコロの森にて、子どもも大人も森の中での遊びを体験できる「イコロの森FIKA」を実施しました。「森のようちえん」では、虫あみを持ってトンボを追いかける子どもの姿が印象的でした。「プレイパーク」では、子どもを遊ばせながら保護者の方同士の交流も見られました。「馬搬」では、初めてばん馬をみた子どもが、その大きさにびっくり!「薪作り」では、幼児や小学生の子どもたちが薪割り機を使って薪を割ったり、一輪車で薪を運ぶ姿が見られました。「クラフトづくり」では、スプーン作りやヒンメリ、葉っぱスタンプエコバックづくりを実施しました。「森のカフェ」では、薪ストーブで自宅からもってきたマシュマロなどを炙る姿がみられました。「杭づくり」では、削り馬を使い森からの間伐材を杭に加工しました。各々がそれぞれやってみたいことをチャレンジし、時にはカフェで一服しながら活動しました。安全管理講習では、はじめにレクチャーを受けた後、各々の活動場所にて実習をしました。

参加人数

参加人数(スタッフを除く):
120人
うち子どもの人数:
65人

参加者の声

【子ども】

【大人】

イベントを振り返って 主催団体より一言

普段、外遊びをする際は公園で遊ぶことが多いようで、森で遊ぶということが初めてのお子さんが多かったようです。その中で「森あそびが森を守ることにつながる」という意見や、「自然の中っていいね」という声が聞かれました。東京海上日動のボランティアの方に、昨年に引き続き活動に関わってくださった方がいて、自分のノコギリをもって間伐作業を進めていただきました。継続的に関わっていただける方がいることで、今回の活動に対しての理解が深まったように感じました。また、プレイパークを体験したボランティアさんも子どもだけではなく親御さんとも積極的に関わる姿がみられました。


イベント概要

イベント内容

(1)イコロの森FIKA (コドモもオトナも森あそび)
普段の生活では出会うことのない人同士が会話を交わし、活動を楽しむことにより、木や森とのつながりを体験いただけます。子どもから大人まで楽しめるプログラムを提供します。
【プログラム】
・森のようちえん:森の中へ探検に出かけよう!おもしろいキノコに会えるかも?
・森のプレイパーク:スラックラインや巨大ハンモックで思いっきり遊ぼう!
・森のクラフトづくり:森のスプーン、葉っぱスタンプやヒンメリを作ってみよう!
・森のカフェ:薪ストーブで、マシュマロやソーセージ等をあぶってみませんか?
・木こり体験:薪割りをしたり、間伐を体験してみよう!
・ウッドチップづくり:間伐した枝をチッパーでウッドチップにしよう!
・ウッドランドガーデンの杭づくり:削り馬をつかって、ウッドランドガーデンの杭を作ろう!
・馬搬:馬を使って、森のお手入れをします。ロギング体験をしてみませんか?

(2)安全な森遊びのための森との付き合い方講座
森のようちえんや森林整備を実施する際にスタッフに必要な知識や技術を身につける講座です。イベントと同時開催することで、現場実習としてイベントに携わります。(定員10名)

開催場所

イコロの森 (苫小牧市植苗565-1)
国道36号線(札幌方面より)「味の大王 総本店」を右折 約8分(6km)
JR植苗駅よりタクシー(約30分)
http://www.ikor-no-mori.com/access/

実施団体

主催:
特定非営利活動法人 いぶり自然学校
共催:
認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター
協力:
北海道環境パートナーシップオフィス 自然体験活動指導者ネットワークえんりっと イコロの森
協賛:
東京海上日動火災保険株式会社
後援:
環境省