イベントの開催有無や詳細は、必ず事前に各団体にご確認ください。
募集終了/鳥取県
特定非営利活動法人 未来守りネットワーク
中海海開き~きれいになった中海で泳がいや!~

イベント名:
中海海開き~きれいになった中海で泳がいや!~
開催日時:
2014年7月19日(土)10:00~13:30

活動内容

米子市大崎地区にて、中海海開きイベントを開催しました。開会式に続き、ラジオ体操の歌を歌いながら準備体操。体操が終わったら、足からゆっくり水に入ります。慣れると水の掛け合いが始まりました。水遊び用の箱メガネで覗いたり、大はしゃぎで泳ぐ子どもたち。いったん水からあがり、中海についてのお勉強。「中海の面積は境港市の3倍で、日本で5番目に大きい汽水湖です。塩分は海の2分の1ですが、湖底近くはもっと濃い海水があります。水質は、未来守りネットワーク等のNPOが漁師さんたちと協力して、海藻刈りをしたのでキレイになってきています。」と国土交通省の皆さんから説明を受けると、子どもたちだけでなく、大人も真剣に聴き入っていました。その後、子どもたちが大きなタモで調査を行いました。見つかるとトレイに移して、みんなで観察すると卵を持ったエビや稚魚が泳いでいました。この日調査した数は少なかったけれど、中海には100種類もの多様な生物がいるそうです。「みんなで中海をもっとキレイにしよう!」と約束して、イベントを終了しました。

参加人数

参加人数(スタッフを除く):
44人
うち子どもの人数:
13人

参加者の声

イベントを振り返って 主催団体より一言

この日の中海は透明度が高く、岸辺から覗くと小さなゴズ(ハゼ)が泳いでいるのが見えました。夏休みに入ったばかりの子どもたちは学校のプールで既に真っ黒に日焼けをしていました。国土交通省の皆さんから説明を受けて、中海をキレイにするためにどうしたらいいのか質問されると「ゴミを捨てない」「家庭からの汚れた水を直接流さない」等、お家でできる小さな環境活動を教えてくれました。しっかり遊んだ後は、ちゃんと勉強もして、今日一日で少しだけ成長してくれたように感じました。プールとは違う自然の中で過ごしたことで、夏休みの自由研究のきっかけになればと思っています。


イベント概要

イベント名

中海海開き~きれいになった中海で泳がいや!~

メッセージ

きれいになった中海の浅場で、泳ぎませんか?貝や魚も見られるよ!
泳いだ後は、アサリ汁と海藻米おにぎりを食べましょう。

開催日時

2014年7月19日(土)10:00~13:30

申込締切

2014年7月11日(金)

イベント内容

待ちに待った海開きを行います!同時に中海の浅場再生の重要性を学び、住民が親しめる憩いの場所としての「水辺づくり」をすすめます。

当日のスケジュール

9:30
参加者集合・受付(ウインズ米子多目的広場)
10:00
イベント開会式、注意事項の説明
10:30
海水浴
11:30
中海再生の取り組みや水質の現状などを説明(国土交通省 出雲河川事務所)
11:50
閉会式 ~未来守りネットワーク事務所へ移動~
12:30
未来守りネットワークで昼食(アサリのみそ汁と海藻米のおにぎり)
13:30
プログラム終了

開催場所と集合場所

開催場所:
米子・境港周辺の中海の浅場 直前の状況により、変更の可能性あり
集合場所:
ウインズ米子 多目的広場 (鳥取県米子市大崎3602-3)
JR米子駅から車で20分、米子空港から車で10分

持ち物・服装

水着・水中メガネ・帽子・タオル・着替え・ゾウリ(海に入る時にはく)・水筒

対象者・募集人数

対象者:
子どもとその保護者
募集人数:
65名

雨天時について

中止

実施団体

主催:
特定非営利活動法人 未来守りネットワーク
共催:
認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター
協力:
中国環境パートナーシップオフィス
協賛:
東京海上日動火災保険株式会社
後援:
環境省、鳥取県米子市漁業協同組合、鳥取県漁業協同組合境港支所、島根県中海漁業協同組合、境港市、米子市 、鳥取県、国土交通省中国地方整備局出雲河川事務所、認定特定非営利活動法人自然再生センター

お問い合せ先

特定非営利活動法人 未来守りネットワーク

住所:
鳥取県境港市大正町38
電話:
0859(47)4330
URL:
http://www.npo-sakimori.net/
E-Mail:
info@npo-sakimori.net

参加者へのメッセージ

中海は、全国で5番目に大きい汽水湖(きすいこ)です。多様な生物が多く生息していることに驚き、感動するでしょう!

申し込み方法

詳細は、特定非営利活動法人 未来守りネットワークのホームページをご覧ください。
※ 定員になり次第、申し込みを締め切ります。