イベントの開催有無や詳細は、必ず事前に各団体にご確認ください。
募集終了/千葉県
市原米沢の森を考える会
メダカの学校訪問とザリガニ釣り

イベント名:
メダカの学校訪問とザリガニ釣り
開催日時:
2014年7月19日(土)9:00~15:00

活動内容

未来楽校で開会式を行い、谷津田の景色や生きものを観察しながらメダカの楽校に向かいました。メダカの学校長から豊かな谷津田の説明を聞き、田んぼの横を流れる小川でメダカすくいに挑戦。メダカだけでなく、ヤゴ・さわがに・どじょう・かわにな・しじみ・かわえび等多くの生きものをつかまえてバケツに入れ、大人も子どもも時間を忘れ夢中になって観察しました。ザリガニ分校では用意された竿にイカゲソをくくりつけて川に沈め、アタリを待ちました。コツを覚えてからは、大きな手ごたえに大喜び。今はあまり見られなくなったフナやモクズガニも釣れ、自然の残る宿谷津での観察体験を満喫しました。昼食は未来楽校に戻り、この谷津田で育ったお米と野菜のカレーライス、ほくほくしたジャガバタとサラダをいただきました。午後の観察会は、スタッフによる紙芝居や講師が持参した小鳥の巣やクイズ形式の解説に興味津々。普段目にしたことがない色々な巣の実物とのふれあいは貴重な体験となりました。

参加人数

参加人数(スタッフを除く):
72人
うち子どもの人数:
41人

参加者の声

イベントを振り返って 主催団体より一言

天候が気になりましたが無事に実施できてホッとしました。現代は子どもの遊び場としての自然が少ないと思っていましたので、子どもたちに自然の中で楽しく過ごしてもらえてよかったと思います。谷津田の自然の中でメダカやザリガニに直接触れる体験は環境学習になり、屋内で実施した自然観察会も野鳥を知るよい機会になったようです。


イベント概要

申込締切

2014年7月15日(火)

イベント内容

緑豊かな谷津田の自然観察をしながら、めだかの学校を訪問します。休耕田を利用したビオトープはメダカ達がたくさん泳いでいます。ほかにはどんな生き物がいるのでしょうか?ザリガニ分校ではザリガニ釣りに挑戦します。昼食は、内田の谷津田で収穫したホタル米のカレーです。

当日のスケジュール

9:00
参加者集合 受付
9:30
開会式
9:40
未来楽校出発
10:00
メダカ分校着 分校校長あいさつ
10:05
メダカの観察と交流
11:10
分校出発 ザリガニの分校へ移動
11:20
ザリガニ分校着
12:00
昼食
12:50
宿谷津の自然観察会
14:30
未来楽校着
14:40
閉会式

開催場所と集合場所

内田未来楽校(市原市宿174-8) 市原市宿の谷津田

【アクセス】
「車の場合」
国道297号線「米沢」の交差点を笠森方面へ。
市原市内田郵便局横 (内田小入口の信号)を左折

「列車の方」
小湊鉄道 五井駅発8:21上総牛久駅着8:49のみ 
駅まで迎えに行きます。(要:申し込み)

持ち物・服装

濡れても良い履物(長靴等)・着替え・アミ・バケツ・飲み物・虫除けスプレー等

対象者・募集人数

対象者:
一般の方 子ども3歳以上(小学校3年生以下は保護者同伴)
募集人数:
50名

雨天時について

小雨決行 (荒天の場合は前日18時までに連絡します。)

実施団体

主催:
市原米沢の森を考える会
共催:
認定特定非営利活動法人日本NPOセンター 内田未来楽校(報徳の会)
協力:
関東環境パートナーシップオフィス
協賛:
東京海上日動火災保険株式会社
後援:
環境省

お問い合せ先

市原米沢の森を考える会

電話:
0436-92-1196(鶴岡様) 090-5779-4318 (杉田様)
E-Mail:
Kenneth@ksf.biglobe.ne.jp

内田未来楽校(報徳の会)

電話:
090-2661-5567(小出様)

参加者へのメッセージ

谷津田の自然観察と休耕田の生きもの調べ。日本の生態系を守るにはどんなことに気をつければいいのか、みんなで考えましょう!

申し込み方法

詳細は、環境らしんばんのホームページをご覧ください。
※ 定員になり次第、申し込みを締め切ります。