イベントの開催有無や詳細は、必ず事前に各団体にご確認ください。
終了/山梨県
特定非営利活動法人 フィールド‘21
(山梨県地球温暖化防止活動推進センター)
宝の山で宝物発見し隊

イベント名:
宝の山で宝物発見し隊
メッセージ:
自分も自然の一員!自然は”お友達”であり、宝物。だから自然の一員である自分も宝物。自然の中で、何でもいいから初めてのことに挑戦だ!
開催日時:
2014年9月6日(土)9:00~16:30

活動内容

4つのグループ(低中高学年別)ごとに活動しました。実施した内容は沢遊び、森の中での探しもの、魚つかみ、火おこし、ご飯炊き、魚さばき、魚焼き、トン汁調理等。指導者の大学生8人を中心に子どもたち自身で相談して決めました。子どもたちは迷いながらもいきいきと動き回っていました。すべてをやりきることが目標ではなく、自分たちでいかに構築していくかが課題でしたが、初めての子、今まで経験したことがある子など多様なスキルの中で、みんなで協力し合いながら、最後まで脱落者を出さずに活動しました。

参加人数

参加人数(スタッフを除く):
43人
うち子どもの人数:
33人

参加者の声

イベントを振り返って 主催団体より一言

最初はなかなか発言しない子どもが多かったが、徐々に打ち解け30分~40分程度かけグループの行動目標を決めました。実際に行動に移ると子どもたちは我先にと進んで行動していました。魚さばきやトン汁の味付けなども、すべて自分たちでやっていました。スタッフはできるだけ手をださず見守ることに専念しました。今回のイベントで多くの子どもたちが自分で考え行動することを学んだと思います。


イベント概要

申込締切日

2014年8月31日(日)

イベント内容

山梨の豊かな自然の中で、森に潜入して宝物を発見したり、魚を捕まえて火をおこして食べたり、泥んこの中で遊んだり、ドラム缶風呂に入ったり、普段できないことを体験します。子供達の自主性とサバイバル精神を身に付けるため、大人は簡単な準備をするだけで、開始後はグループ編成にて自主的に活動していただきます。

当日のスケジュール

9:00
参加者集合 開会式 挨拶 注意事項 班編成
9:20
班ごとに分かれる(班ごとに指導者2~3名)
「やっていいこと」「やっていけないこと」を確認
森の宝物発見、魚つかみ、火おこし、ごはんとトン汁調理、泥んこ遊び、ドラム缶風呂
(11:30~13:00 班ごとに昼食)
16:00
全員集合 振り返り
16:30
プログラム終了 解散

開催場所と集合場所

都留市宝の山ふれあいの里(都留市大幡5108)
http://www.city.tsuru.yamanashi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=10422
※ 都留市駅からバス(8:10発)あり

持ち物・服装

服装:
水着、(泥にまみれても、破けても良い)長袖シャツ、長ズボン、下着、靴下、靴 着替え
持ち物:
水筒、タオル、軍手、両手が使える雨具、保険証コピー、薬等
施設利用料:
小学生・未就学児200円 大人300円
※ 服装は全てご自宅から着用願います
※ 泥まみれになり、虫刺され等もあります。熱中症対策もお願いします。

対象者・募集人数

対象者:
小学生1~6年生
募集人数:
合計50名、1~2年生10名、3~4年生10名、5~6年生30名

雨天時について

雨天決行
ただし台風、激しい雷雨の場合は中止します。

実施団体

主催:
特定非営利活動法人 フィールド‘21  都留市エコハウス
共催:
認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター
協力:
関東環境パートナーシップオフィス 株式会社都留市観光振興公社
協賛:
東京海上日動火災保険株式会社
後援:
環境省

お問合せ先

特定非営利活動法人 フィールド‘21(山梨県地球温暖化防止活動推進センター)

住所:
山梨県甲府市飯田4-1-21
電話:
055-228-3830
E-Mail:
field-21@field21.sakura.ne.jp

都留市エコハウス

住所:
山梨県都留市上谷1-2-3
電話:
0554-56-7511
E-Mail:
ecohouse@bz03.plala.or.jp

参加者へのメッセージ

自分も自然の一員!自然は“お友達”であり、宝物。だから自然の一員である自分も宝物。自然のなかで、何でもいいから初めてのことに挑戦だ!

申し込み方法

詳細は、特定非営利活動法人 フィールド‘21 のホームページをご覧ください。
※ 定員になり次第、申し込みを締め切ります。