Fijiフィジーは300余の火山島と珊瑚礁からなる共和国です。植林を行っているビティレブ島では、波や潮流による海岸侵食、サイクロンやハリケーンなどの被害を受けやすい場所です。

マングローブ植林活動レポート

植林したマングローブの様子

サイオコ村 ヤエヤマヒルギ

サイオコ村 ヤエヤマヒルギ

サイオコ村 ヤエヤマヒルギ

ベレベレ村 ヤエヤマヒルギ

ベレベレ村 ヤエヤマヒルギ

フィジーでは、2004年度よりNGOオイスカにより、マングローブ植林活動を進めています。植林地では波の力が強く、土壌の浸食や高波による被害が多いため、その被害を軽くすることが目的です。マングローブを植えた場所は、土砂が堆積して地盤が強くなっており、少しずつ災害への抵抗力が高まることが期待されます。

マングローブ植林活動状況

フィジーでは、2016年2月に南半球最大といわれるサイクロンが発生し、これまでの活動地域である、ビティレブ島北東部のサイオコ村とベレベレ村でも多くの家が全壊・半壊しました。住民の皆さんは生活の復興に今でも尽力しています。
マングローブは、漂流物から人々や村を守るのに役立ちましたが、枯れてしまった木も多くありました。今、これらの周りではマングローブの種子が自然に発芽して若葉が青々と茂り始め、サイクロン前の環境が取り戻されつつあります。
大人はまだマングローブ植林への参加が難しい状況ですが、学校の環境授業として子どもたちが0.2ヘクタールの植林を行いました。


サイクロンにより倒壊した家を再建する人々


サイクロンにより枯れたマングローブの周りで自生した若葉


マングローブ植林に参加した小学生

植林地の様子

カニの養殖を実施するために、モニタリングによる調査や補植を進める予定でしたが、サイクロンの被害が甚大だったため、その計画は中断しています。
しかし、サイクロン発生時、漂流物から村や人々を守るなどの減災の力を発揮したマングローブの話を聞いたヴィエンダラー村、ナボラウ村の人々から、マングローブの植林・保全活動へ参加したいとの申し出を受けました。この人々の協力を得て苗床づくりを行ったほか、ヴィエンダラー村、ナボラウ村でも試験植林を行いました。


他の村の人たちの協力を得て苗床づくり


ヴィエンダラー村での苗床づくり


ナボラウ村の試験植林の様子

今後の活動予定

今後は、サイクロンの被災地である村の復興を引き続き最優先とし、保全活動としてのカニの養殖については中断することとしています。その代り、植林の依頼があったヴィエンダラー村、ナボラウ村での活動を実施していく予定です。