Malaysiaマレーシアのボルネオ島サバ州では、国全体の50%弱に相当する面積のマングローブ天然林が分布しており、このうち約93%は保護林に指定されています。

マングローブ植林活動レポート

植林したマングローブの様子

サンダカン イスメ川沿い
フタバナヒルギ

サンダカン イスメ川沿い
フタバナヒルギ

サンダカン イスメ川沿い
フタバナヒルギ

サンダカン イスメ川沿い
フタバナヒルギ

サンダカン イスメ川沿い
フタバナヒルギ

サンダカン ララサン川沿い
フタバナヒルギ

サンダカン ララサン川沿い
フタバナヒルギ

マレーシアでは、2011年からNGO「国際マングローブ生態系協会(ISME)」が、サバ州森林局の協力を得ながら、植林事業を進めています。1990年代にタンニン採取や薪炭材の利用、油ヤシの植栽のために天然のマングローブ林が不法伐採されたため、荒廃したマングローブ林を再生することを目的に植林活動を実施しています。絶滅が危惧されるテングザルなどの野生生物を保護したり、生物多様性を保全したりする観点からも重要な活動です。

マングローブ植林活動状況

2016年度も引き続き、クナッやカラバカンをはじめとする、サバ州内の7つのエリアで、オオバヒルギやフタバナヒルギなど、13種類のマングローブを植えました。
2016年度に初めて植林を始めた植林地、ボーフォートのWeston川沿いではフタバナヒルギ等を39ヘクタール、クダッのDampirit川沿いではモモタマナ等を6.3ヘクタールの植林を行いました。
また、TBRC川沿いでは、植林したフタバナヒルギ等の葉を放牧されているヤギに食べられてしまったため、8月に日本からのボランティア7人と、マレーシア大学サバ校のインターン4人が、フタバナヒルギの補植を行いました。


泥に足を取られながらの植林


植林後の様子


マレーシア大学のインターンによる植林

植林地の様子

Weston川沿いに自生するマヤプシキの葉は、成長に影響が出るほどテングザルに食べられてしまったため、今後はマヤプシキも植えていくことも考えています。
2012年に東京海上グループのボランティアが植林した川は、ISME川と名付けられ、2016年4月には、エビ養殖池放棄地のマングローブ林を流れる小川が「Sg. Tokio Marine(東京海上川)」と名付けられました。


テングザルに食べられてしまった自生のマヤプシキ


2012年の東京海上グループボランティアによる植林地


Tokio Marineと名付けられた川に補植したマングローブ

今後の活動予定

2017年度は、主にWeston川沿いに新しく形成された泥干潟へフタバナヒルギとオオバヒルギの植林を継続して行います。またテングザルの被害もあるため、ベニヤマプシキの育苗も検討する予定です。