Thailandタイでは、第二次世界大戦後、スズの採掘、エビの養殖場や船着場の造成、炭作りなどの開発により天然のマンローブ林が伐採されてきましたが、ラノーンではこれまでの17年間の植林活動で大きなマングローブ林が広がっています。

マングローブ植林活動レポート

植林したマングローブの様子

ラノーン県 ヤエヤマヒルギ

ラノーン県 ヤエヤマヒルギ

ラノーン県 ヤエヤマヒルギ

ラノーン県 ヤエヤマヒルギ

ラノーン県 ヤエヤマヒルギ

タイでは、1999年よりNGOオイスカがラノーン県のマングローブ資源開発局の協力を得て、地元住民のみなさんの参加に重点を置いたマングローブの植林活動を実施しています。住民のみなさんはマングローブ林についての理解を深め、その大切さを実感し、多くの人が自主的に植林、補植の活動に参加するようになってきました。今後は保全活動の一環として、植林地のマングローブの種類や樹高、生物多様性などについて調査することにも力を入れていくことにしています。

マングローブ植林活動状況

タイの植林地、南部のラノーン県では、これまでの植林により大きな森が形成されているため、現在は、既存植林地の管理やモニタリング、またこれまで形成された森林内での生物多様性の調査などの保全活動に注力しています。2016年度は、新規植林を行わず、2014年度、2015年度の植林地の下草刈りなどの整備を行い、過去の植林地を巡回しました。それぞれの植林地で順調にマングローブが生育し、適切に管理されていることを確認しました。
マングローブ植林活動のこれまでの実績に対する自治体などからの評価は高く、モデルケースとして近隣の地域をけん引しています。ミャンマーの人たちが意見交換や視察に来る予定であることも報告されました。国内にとどまらず隣国までプロジェクトのインパクトが広がっています。


2014年植林地の下草刈りの様子


2015年植林地の下草刈りの様子


植林8年後の様子(2008年植林)

植林地の様子

タイ・ラノーンでは、保全活動として、2015年度にムアン郡で低生生物の調査を行っていましたが、2016年8月からは、ンガオ川、ガム川、ポーンラン川沿いのマングローブ林で、鳥類の生物多様性の調査を行いました。
今回の調査では、対象地域で11目、35科、69種類の鳥を確認しました。マングローブの上で昆虫等の食べ物を探し、そこを住み家とする種類、潮が引くと海岸で地面で生息する動物を探して餌とする種類、空や水面を飛んで餌を探す種類など様々な生活場所を持つ鳥があることが分かりました。
また、今回確認した69種類の鳥のうち66種類が、タイの法律「野生動物保護法(第3書)」の保護対象とされた鳥であることが分かりました。
マングローブの近くに保護対象の鳥が多く集まることが分かり、ラノーンの皆さんや東京海上日動にとって、大変嬉しい調査結果となりました。


マングローブ林の生物多様性調査の様子


生物多様性調査で撮影した魚


生物多様性調査で撮影した鳥

今後の活動予定

マングローブ植林地の生物多様性調査を、継続して実施する予定です。