知ってトクするお役立ちコラム自動車保険は、”安心感” で選ぶ

自動車保険ならどれも同じと思って、保険料比較だけで自動車保険を選んでいませんか?もちろん、保険料が安いにこしたことはありませんが、保険は「安心」のために入るものです。あなたに必要な「安心」を得られるかどうか、補償内容をしっかりと考えましょう。

保険料だけで選んでいませんか?

自動車保険ならどれも同じと思って、保険料だけを比較していませんか?保険料が安いのは嬉しいことですが、本来保険は「安心」のために入るもの。十分な安心が得られるかどうか、しっかりと補償内容も考えましょう。では、その自動車保険をどうやって選べばいいでしょうか?

自動車保険の中身は?

「車が盗難にあった」
「ぶつけられた相手の車が保険に入っていなかった」
「歩行者をよけて電柱にぶつかった」

こんなドラブルにあった時、自動車保険(任意保険)に入っているから大丈夫と思いがちです。ところが、契約内容によっては補償されないこともあるので注意が必要です。

自動車保険でカバーするのは、次の3つです。

カバーする範囲が広いほど、補償が手厚くなり保険料も高くなります。例えば、「車両保険」は自分の車の補償ですが、契約によっては自損事故、当て逃げは補償されないタイプもあります。また、「免責金額10万円」という契約なら、1回の事故で10万円以下の修理代は補償されません。

保険料だけでなく、自分が契約する補償の内容をしっかり理解しておくことが大切です。さらに、「弁護士費用特約」、保険会社独自の「ロードサービス」など困った時に頼れる補償・サービスもあります。これらをバランスよく組み合わせて保険に入るようにしましょう。

事故の対応は?

車の事故に備えるのが自動車保険ですが、事故はいつどこで起こるかわかりません。自動車保険を契約しても「補償はあるみたいだけど、すぐに対応してもらえるの?」という不安は残ります。実際、保険会社によって同じ補償内容でも、対応には差が生まれがちです。

いざというときに待たされるのは、大きな精神的負担です。万が一の事故の場合、全国どこでも深夜、休日問わず、どんな対応をしてもらえるか確認しておきましょう。

また、事故をおこしてしまった場合も、相手の被害者に対して、電話をして賠償請求の用紙だけを送る会社と、担当者が直接伺う会社とでは印象は大きく違います。万一のために入る保険ですから、本当に困った時に頼りにならないのは困りますね。

困った時に頼れる代理店とは?

今やインターネットのクリック1つで、簡単に保険に加入出来る時代です。しかし、すべての補償内容を理解して、自分にとって必要な保険をムダなく選ぶのはとても大変なことです。

そんな時に頼りになるのが、自動車保険を取り扱う代理店です。大手の保険会社の契約は、代理店を通じて行われます。代理店は、契約や更新の手続きや万一事故が起こった際も、保険会社とお客様の間に入って、きめ細かい対応をしてくれます。

補償内容について尋ねれば、お客様の立場に立ったアドバイスが聞けるので、自分にとって本当に必要な保険が選べます。

代理店で契約をしたお客様の中には、事故をおこしてしまったり、交通事故にあったとき、パニックになりながらも、自分のことを知っていてくれる代理店や担当者に電話したことで、落ち着きを取り戻せたという方もいらっしゃいます。

自動車保険選びのポイント

ひとたび車の事故が起きれば、精神的、経済的ショックは計り知れません。自動車保険は、あなたや家族を守ってくれる大切な補償です。車を買った時に契約した時のまま、見直していないという人が多いのですが、是非大切な補償内容を確認してみてください。

保険会社の営業店や代理店などで、自分の自動車保険の内容はいつでも確認できます。その中で必要だと思う補償について、更新時に見積もりを出してもらいましょう。新規契約のときは、しっかり説明を聞いて、必要だと思う補償の見積もりを出してもらいます。

納得のいく補償、納得のいく保険料、そして納得のいくサービスを得られるかどうかが、自動車選びの大きなポイントです。

執筆者・All Aboutガイド 山口 京子さん
大学時代からテレビ・ラジオに出演。芸能人やミュージシャン、スポーツ選手などと直接話をする機会に恵まれる。その数、のべ300人以上。大学卒業後はフリーアナウンサーに。2000年、経済や年金のニュースが「ご家庭」に与える影響をやさしく話せるようFP資格を取得。

0108-EK04-B09054-201506