知ってトクするお役立ちコラム火災保険は「十家十色」

住まいの「顔」が一軒一軒、異なるように、必要な「備え(保険)」も異なります。いざというときにあなたの暮らしを守ってくれる保険を選んでいますか。家具の破損や地震による被害から、最適な保険料の考え方まで、火災保険のキホンをお伝えします。

自分の家は自分で守るしかない!

住まいの「顔」が一軒一軒、異なるように、必要な「備え」も異なります。いざというときにあなたの暮らしを守ってくれる保険を選んでいますか。

「うちは火の取り扱いには十分気をつけているから、火災の心配はない」と思っていても、お隣の火事が燃え移ることもあります。こうした場合、あなたの住まいが燃えてしまっても、法律上、お隣さんにはそれを賠償する義務がない場合もあります。つまり、「あなたの住まいは、あなた自身が守らなければならない」のです。

そんな時に頼りになるのが、火災保険です。補償の内容は保険商品によって異なります。火災だけを補償するタイプから、自然災害、盗難、日常のちょっとした事故まで幅広く補償するタイプまでさまざまです。あなたにとって必要な補償をしっかり確保しましょう。

最近は、「火災による損害」だけでなく、「台風で屋根が壊れた・浸水したといった自然災害による損害」、「給水管が壊れて家中が水浸しになった・誤って窓ガラスを割ってしまったなどの事故による損害」、「空き巣に入られて家財を盗まれた・ドアを壊されたなどの損害」に対して、補償してくれるタイプが主流になっています。

こうした様々なタイプの保険のなかから、住まいの「顔」にあったものを選びましょう。住まいも暮らしも人それぞれ。火災保険は、十人十色ならぬ「十家十色」なのです。

お気に入りの食器棚は?地震の場合は?

火災では、建物だけでなくお気に入りの家具が壊れることもあります。家具・家電などの家財を補償する火災保険に加入するか、または建物の保険に特約で家財の補償をつけることもできます。

「たいした家財はないから、補償はいらないのでは」と思いがちですが、生活に必要な家財をそろえるには予想以上にお金がかかるものです。家財の補償の目安は、一人暮らしなら300万円くらい。家族の人数が増えると、家具や家電の数・サイズが大きくなりますので、夫婦とこどもがいる家庭では500万円~1000万円くらいが一つの目安です。

ここまで説明して、「地震は?」と思った方もいるでしょう。地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災や倒壊、流失への補償が欲しい場合には、火災保険といっしょに「地震保険」にも入る必要があります。地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の30%~50%の範囲内(原則として、同一敷地内ごとに建物は5000万円、家財は1000万円が上限)で契約します。大規模な地震の警戒宣言が発令された後は、その地域では新規加入が出来ませんので、あらかじめご契約されることをおすすめします。

保険選びのキーワードは「ムダなく十分」

さて、十分な補償を受けるためには、保険の契約金額「保険金額」を正しく設定することが大切です。設定方法には「再取得価額(新価)」をもとにする方法と、「時価」をもとにする方法があります。

再取得価額(新価)とは、損害を受けた建物などと同等のものを、再築・購入するのに必要な金額のことです。一方、時価とは、再取得価額から使用による消耗分(減価分)を差し引いた額のことです。年数がたって古くなっている分、新築・購入時よりも低い価格で評価されます。災害にあった場合に保険で元通りにするためには、再取得価額(新価)をもとに保険金額を設定する必要があります。

保険料は、「保険金額×保険料率」の計算式で決まります。保険料率は、補償の内容や、建物などの場所・用途・構造などによって異なります。

例えば、鉄筋コンクリート造りの住宅と木造住宅では、燃えにくい鉄筋コンクリート造りのほうが保険料率は低くなります。また、地震保険では地震の発生率によって、都道府県ごとに保険料率が異なります。

保険料は、払込方法や住宅の性能に応じて割引になる場合があるので、ご契約の際には代理店に聞いてみましょう。

必要な補償を、むだのない保険料で得られる保険を選んで、あなたの住まいと暮らしをしっかり守りましょう。

執筆者・All Aboutガイド やがら 純子さん
アナウンサー&ファイナンシャルプランナー。アナウンサーとして報道情報番組に携わるかたわら、FP資格を取得。マネー知識のあるアナウンサーとして、話せるFPとして、キャリアと知識をいかして、個人のライフプランを実現させるためのアドバイスを中心に活動中。

0216-EK04-B09098-201306