知ってトクするお役立ちコラム海外旅行保険はカードに付いている補償だけで安心?

日常を離れてココロもカラダも目一杯リフレッシュできるのが海外旅行の魅力ですが、慣れない土地では思わぬケガやトラブルに見舞われることも。そんな"まさか"に備える海外旅行保険は、旅を楽しむために欠かせないものの1つと言えるでしょう。

クレジットカードにセットされている保険もあるけれど…

海外旅行保険といえば、近ごろではクレジットカードにセットされるものも増えました。カード発行時に自動的に保険がセットされ、旅行の度に保険に入りなおす必要もないので便利。利用している人も多いことでしょう。

ところが「利用はしているけれど実は補償の内容は良く知らない」人が少なくないという面も。自分で選ぶわけでもなく、別途保険料を負担するわけでもないのでどうしても認識は甘くなりがちです。

補償の内容はカードの種類によって異なりますが、お手持ちのカードに海外旅行保険がセットされているかどうか、セットされているのならどんな内容や条件なのかきちんと把握しておきたいですね。

重視したいのは治療費用の補償

海外旅行保険の主な補償内容・契約条件としては、旅行先で死亡したとき、ケガや病気で治療が必要なとき、物を壊したりして他人に賠償しなければならないとき、持ち物が壊れたり盗難にあったときの補償など。内容は多岐にわたりますが、必要な生命保険にはすでに加入しているなら、重視したいのはケガや病気の治療費をカバーしてくれる補償です。

海外では、治療にかかる費用が思いのほか高額となることがあります。たとえば、アメリカで集中治療室に入ると、なんと1日あたり最低50万円もの費用が生じると言われます。2週間程度の入院になると700万円前後の治療費が発生することも。(参考「政府広報オンライン」内閣府大臣官房政府広報室ホームページ)

そのほかにも海外でのトラブルは、荷物やサイフを盗られたり、ホテルの備品をうっかり壊してしまったり・・・と例を挙げれば切りがありません。デジタルビデオカメラといった高価なデジタル製品などを持参するなら携行品損害に対する補償や、高額の賠償責任が生じた場合に備える賠償責任に対する補償も検討するのが無難でしょう。

不足があればプラスした方が安心

クレジットカードにセットされている海外旅行保険には、死亡補償は一人数千万円と高額なわりに治療費の補償が数十万円程度と少額なものも見られます。そもそも同じカードを持っている人全員に同じ内容の保険がセットされるのですから、一人ひとりの旅に合わせるのは難しいと言わざるを得ません。内容を確認し、補償が十分でないと感じたら別途海外旅行保険に加入されるのが安心です。

どの程度の金額の保険をかければよいのかは一概には言えませんが、旅行先の治安が良くない、期間が長い、高価なモノを携帯する、現地の言葉や習慣を良く知らない、一人旅などの場合は、特にしっかり備えておくようにしましょう。

余談ですが、実は私自身、海外旅行中に具合が悪くなり病院へ駆け込んだ経験があります。治療費のことももちろん重要ですが、そのときいちばん大変だったのは日本語の通じる病院やドクターを探すことでした。こうした苦労は海外ならではの意外な落とし穴と言えそう。トラブル時に電話などでのサポートを受けられる海外旅行保険もあるので、選ぶときにチェックしてみてはいかがでしょう。

執筆者・All Aboutガイド 國場 弥生さん
国際学修士。証券会社勤務時代に外国資産への投資アドバイスと実務に従事。2004年 有限会社を設立、ファイナンシャルプランナーとして独立する。現在はファイナンシャルプランニング業務の一環として、海外資産へ分散投資のアドバイスを行っている。

0703-EK04-B09075-201306