道路標示の意味を理解しよう!

2018年4月号

今月のクイズ

道路標識や道路標示により最高速度が指定されている道路において、最高速度を超過して走行した場合の罰則を、次の中から選んでください。

  • (1)15万円以下の罰金
  • (2)3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金
  • (3)6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金

路面上には事故を未然に防ぎ、交通が円滑に流れるように道路標示が描かれています。しかし、その描かれた標示の意味を理解していないと、交通事故を招く危険性があります。
今月は、どのような標示があり、それぞれどのように通行すればよいのかをみてみましょう。

道路標示に違反する事故は、死亡事故率が高くなる!

2016年中に起きたドライバーの過失による交通事故のうち、死亡事故が占める割合(死亡事故率)は0.7%でした。死亡事故率を法令違反別(路面に標示があった可能性がある法令違反のみ抽出)にみると、「最高速度違反」が28.7%で約41倍も高くなっており、路面に示されている速度を超過して重大事故に至っている様子がうかがえます(図1)。死亡事故率は下がりますが「通行区分違反」は全事故の約8倍、「追越し違反」「歩行者妨害」「横断・後退等違反」も約2~3倍高くなっています。道路標示の意味を正しく知り、安全に通行することが重大事故を防ぐきっかけになります。


図1:ドライバーの過失により起きた法令違反別の死亡事故率(2016年中)(事故時の路面に標示があった可能性がある違反事故のみ)
出典:公益財団法人 交通事故総合分析センター 平成28年版「交通事故統計年報」より弊社作成

標示とは

標示には、事故を防ぐために流れを規制する「規制標示」(図2)と、交通が安全で円滑に流れるように指示したり、通行できることを示している「指示標示」(図3)があります。

図2:規制標示 「最高速度」標示されている速度(数字)を超えて運転してはいけません。「駐停車禁止路側帯」路側帯に入って駐車・停車してはいけません。「立入り禁止部分」この標示の中に入ってはいけません。「停止禁止部分」この標示の中で停止してはいけません。
図2:規制表示

図3:指示標示 「前方優先道路」交差する前方の道路を走行中の車が、優先で通行します。「右側通行」急な坂のカーブでは、右側車線にはみ出して通行できることを示しています。「安全地帯」路面電車を乗降する人のための安全地帯です。車は進入不可!「二段停止線」二輪車の停止位置と、それ以外の車両の停止位置です。
図3:指示表示

標示を理解しましょう

路面で標示がどのように描かれていて、安全に通行するためにはどのようにすればよいかをみてみましょう。

図4:路面に描かれる表示の種類 「停止線」(指示標示)安全確認が必要な場所です。必ずこの位置で車を一時停止しましょう。「終わり」(規制標示)規制されている区間の終わりを示しています。ここでは、速度規制30km/h区間の終わりを示しています。この先に最高速度規制標識・標示がない場合は、法定最高速度(60km/h)を守りましょう。「安全地帯または路上」(指示標示)障害物に接近車が障害物を避けて、安全に通行できるための安全地帯です。進入せずに矢印などに沿って進行しましょう。「最高速度」(規制標示)路面に示された速度を超えてはいけません。「転回禁止」(規制標示)ここではUターンできません。「横断歩道または自転車横断帯あり」(指示標示)前方に横断歩道や自転車の横断帯があります。速度を落としましょう。「路線バス等優先通行帯」(規制標示)路線バスが優先して通行できる車線です。ここでは、午前7時~9時の間にこの車線を走行し後ろから路線バスが近づいてきたときは、すみやかに車線を移動してバスの通行を妨げないようにしましょう。「専用通行帯」(規制標示)路面に示された車両のみが通行できる専用車線です。ここでは、午前7時~9時の間、路面に示された車両(路線バス)以外の車両が通行することができないので、隣の車線を走行しましょう。「追越しのための右側部分はみ出し通行禁止(規制標示)追越しのために対向車線にはみ出して通行してはいけません。「進行方向」(指示標示)車が進行できる方向を示しています。「国際化する標示」標示の停止線を説明する「止まれ」などは、訪日外国人にもわかりやすいように、「STOP」と路面に示されている場所もあるようです。近々路面に「ONE WAY(一方通行)」や「DO NOT ENTER(進入禁止)」といった英語の標示が増えていくかもしれません。「進路変更禁止」(規制標示)進路変更してはいけません。「右折の方法」(規制標示)右折するときは、交差点の中央より手前の右方向の矢印に沿って通行します。「左折の方法」(規制標示)左折するときは、矢印に沿って通行します。「停止禁止部分」(規制標示)この標示の中に入って停止してはいけません。渋滞などで車を停止する場合は、標示の手前で停止しましょう。
図4:路面に描かれる表示の種類

路面の標示の意味を理解して、規制や指示に従い安全に通行しましょう。

今月のクイズの答え