出産・子育て:受験これからの教育費はいくら?

高校まで公立学校のみでも約500万円!?

「教育費はいくらかかるか」。親なら誰でも、気になるところです。
文部科学省の「子どもの学習費調査(2014年公表)」によると、学校学習費に学校外活動費を加えた費用は、高校まで公立学校のみでも約500万円と、かなりの金額。この後、私大文系に進学すると学費は4年間でトータル約385万円。このコースでは、トータルの教育費が900万円弱ということになりますね。

教育費負担は「どこまでかけるか」

つまるところ、教育費は親が「どこまでかけるか」によって変わってきます。まずは親自身が、どこまで負担するかを決めておくことが大切です。
それぞれのステージでかかる教育費は、高校までは家計費から負担します。同時に大学進学までに必要となる費用を貯めておいて、大学進学時にそれを充てるのが基本。必要な時期がわかりますから、計画は立てやすいはずです。とはいえ、途中で変更が難しいので、計画的な支出・貯蓄計画がとても大切になります。月々の負担を減らすには、子どもが小さいころから始めることがポイント。目標金額を決めて、コツコツ積み立てていきましょう。
親に不測の事態が生じた場合に備えて教育費に相当する額の死亡保障を確保するなら、今後発生するトータルの教育費を死亡保険金額として設定するといいでしょう。

■文部科学省「子どもの学習費調査(2014年公表)」による高校までの学習費総額
すべて公立 499万9271円
高校だけ私立 672万6606円
小学校だけ公立 1006万5024円
すべて私立 1677万3787円

関連商品・サービス

生命保険

代理店のご紹介
保険のプロフェッショナルにご相談ください。

なるほど保険ガイド ライフイベント編 トップへ戻る