子どもの独立~老後:仲間と旅行団体旅行の幹事になった

シニア世代は旅行に関心が高い

時間とお金にゆとりが持てるようになる定年後。様々な責任をまっとうし、これからは自分のやりたいことにエネルギーを注げるセカンドライフの到来です。
退職金の使い道についてのアンケート等でも、常に上位にあるのが「旅行」。シニア世代の旅行への関心がとても旺盛なことを伺うことができますね。
体の負担が少なく、思いついたら手軽に出かけられることもあり、旅行といえばダンゼン国内旅行派!という人も多いようです。

国内旅行傷害保険で、不測の事態に備えよう

ただ高齢になると、ちょっとしたケガが深刻な事態を引き起こすことも。旅先でも心配がつきものかもしれません。
仲間で出かける団体旅行でも、全員が不安なく気持ちよく旅行ができるように、団体で加入できる国内旅行傷害保険に加入しておくのも1つの方法です。旅先で起きた事故が原因のケガによる入院や通院等について、全員が補償を受けることができます。幹事さんが代表して契約することもできるので、団体旅行をするときは思い出してくださいね。

関連商品・サービス

国内旅行傷害保険

代理店のご紹介
保険のプロフェッショナルにご相談ください。

なるほど保険ガイド ライフイベント編 トップへ戻る

0702-EK04-B09117-201306