就職:初めての1人暮らしマンションなどの賃貸住宅でも火災保険に入るの?

お隣から火が!延焼で家財をすべて失っても「自己責任」!?

一度は経験したい1人暮らしですが、時に思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。
たとえば、火事を起こしたり、巻き込まれたりしてしまったらどうなるのでしょう?
わが国では、失火が重大な過失でない限りは近隣に延焼被害を及ぼしても、賠償しなくてよい、と法律で定められていることをご存知ですか?もし、あなたの失火でお隣に延焼被害を及ぼしても、お隣への賠償義務は生じません。
ところが逆に、お隣の失火であなた自身が家財をすべて失っても、誰も損害を補償してくれないということ!たとえ独身でも、家電や衣類などの家財道具を一からそろえるのはかなり大変。だから、借家住まいでも家財を守る「火災保険」が必要なのですね。

あなたも知らずに入っているかも。一度確認を!

ただし、建物オーナーに対しては、火元は建物を元に戻す責任を負うことになります。賃貸借契約上の原状回復義務があるためですが、こちらは「借家人賠償責任補償特約」でカバーできます。
賃貸借契約時には、家財の火災保険と合わせ、借家人賠償責任補償特約・個人賠償責任補償特約などがセットされた火災保険を契約するのが一般的。せっかく契約しているのですから、どんな時に役立つのか、一度しっかり確認しておきましょう。

代理店のご紹介
保険のプロフェッショナルにご相談ください。

なるほど保険ガイド ライフイベント編 トップへ戻る

0216-EK04-B10001-201306