就職:初めて自動車を購入自賠責保険だけではダメ?

「自賠責保険」の補償は限定的

キャリアアップのための資格も取りたいけど、マイカーも魅力的。車のパンフレットなど見ながら悩む今日この頃。ところがクルマを購入するとき、そして保有しているときにも、いろいろおカネがかかることがわかりました。自動車保険もその1つ。でも、これって入らなきゃいけないの?
クルマの保有者は「自賠責保険」に加入することが法律で義務付けられています。ただし、自賠責保険の補償は対人賠償のみ。しかも、死亡時でも3000万円が支払いの限度額であり、これを超えた賠償額や、対物賠償、運転者自身のケガの補償、自身のクルマの補償のためには、自動車保険が必要になります。でも自動車保険は法律で義務付けられていない任意加入なので、「任意保険」と呼ばれます。ちなみに、自動車保険に入っていても自賠責保険が切れていると、本来自賠責保険で支払われるべき部分は補償されないことも知っておいてください。

「自動車保険」には事故を起こした人を守る役割も

事故が起きるかどうかは誰にもわからないけれど、もし自分が事故の加害者となったら、被害者に対して法律上の責任を果たさなくてはなりません。自動車保険がなければ、自分で何とかしなければならないのです!事故によっては、これからの人生を台無しにするほどの経済的リスクを背負わなくてはならない可能性すらあります。
自動車保険は、被害者と同時に加害者をも守るもの。「任意加入」とはいえ、自動車保険はドライバーにとって必要不可欠なものなのです。
まずは、マイカー購入前に資金計画を。自動車保険も含めてマイカー購入・維持にかかるおカネを洗い出し、無理のない計画を立てることが大切ですよ。

代理店のご紹介
保険のプロフェッショナルにご相談ください。

なるほど保険ガイド ライフイベント編 トップへ戻る

0193-EK04-B10010-201304