保険を学ぼう

保険ってなんだろう

保険の意義

保険は、日常生活で起こる様々なリスク(危険)に備える制度です。

病気やケガ、死亡、事故などの不測の出来事、火災、台風や地震などの自然災害、第三者への損害賠償責任の負担や事業で被る不利益など、リスクをあげればきりがありません。

しかし、このようなリスクに個人の力だけで対処するのは困難なことも少なくありません。そこで、同じように不安を感じている人々から一定の保険料を集めて、万が一の事態に備えようとするのが保険です。そして、被害に遭ってしまった場合は、その集まった資金の中から保険金を受け取ることができる制度なのです。

このような、「万人は一人のために、一人は万人のために」という相互扶助のシステムのもとで人々のリスクを軽減すること。これが保険制度のあらましであり、社会的な役割なのです。

保険の特徴

保険以外でも、リスクに備えるための手段はいくつかあります。たとえば貯蓄はその1つの方法です。しかし、貯蓄は万が一損害(経済的損失)を被った場合、貯蓄額の範囲内でしか対応できません。一方、保険は多数の人々が保険料を出しあって相互に補償しあう制度です。したがって、万一の事態に相当する補償額を得ることができるのです。このような事情から「貯蓄は三角、保険は四角」といわれます。

下に、リスクに備えることができるいくつかの制度と保険との比較をまとめてみました。この比較によっても、保険ならではの特徴がより浮かび上がってくると思います。

保険と共済とはどこが違うの?

不特定多数の人々を対象にしている保険に対し、共済は特定の地域や職業、公共団体の会員などで限定された人々を対象としています。

保険とデリバティブとはどこが違うの?

損害保険では実損害額を超えては支払われないのに対し、デリバティブでは実際の損害額に関わりなく、予め約定した金額が支払われます。また、損害保険には損害の査定が必要ですが、デリバティブは条件となる事柄が発生すると比較的短期間で支払われます。

保険と投資信託とはどこが違うの?

保険は、不測の事故などによって生じた損害(経済的損失)を補償するための制度で、契約時に保険金額を確定します。投資信託は、資金を投資・運用することにより利益を上げようとする制度で、運用実績によりリターンが変動します。

保険の分類

保険は、商法と免許の取り決めによって以下のように分類されています。また「第三分野」と呼ばれる保険は、損害保険、生命保険のいずれにもあてはまらない保険のことを指しますが、2001年より、双方の保険会社でも営業ができることになりました。

第一分野(生命保険の固有分野)

定期保険、終身保険、養老保険など

人の生存または死亡に関し、一定額の保険金を支払うことを約し、保険料を納める保険

第二分野(損害保険の固有分野)

火災保険、自動車保険、賠償責任保険、海上保険など

一定の偶然な事故によって生ずることのある損害をてん補することを約し、保険料を納める保険

第三分野

傷害保険、医療保険、がん保険、介護保険など

身体の傷害、疾病および介護に関し一定額の保険金を支払うこと、または損害をてん補することを約し、保険料を納める保険