損害保険とは?

契約する際の注意点

万一の際の安心のために、
本当に必要な保険を正しく契約しましょう。

とても身近な損害保険ですが、契約を結ぶ際にはぜひご注意いただきたいポイントがいくつかあります。

■ニーズに合った補償内容の保険を選ぼう
損害保険には、さまざまな種類があり、それぞれ補償範囲が細かく決められています。その範囲から外れた事故や災害には保険金が支払われませんので、「どんなリスクに保険をかけるのか」を確認する必要があります。
たとえば地震に対して備えたいのであれば、火災保険だけでなく地震保険に加入する必要があります。あるいは旅先で本格的な冬山登山をするとか、スカイダイビングに挑戦!といった場合には、一般的な旅行保険では補償対象外となることもあります。「契約概要」と「注意喚起情報」をしっかり読み、補償される内容、補償されない内容をよく確認してください。
■申込みの際には、正しい情報を書こう
申込書に事実と異なる記載をしたり、事実を誤って告知したり、補償内容が重なる別の保険に入っていることを申告し忘れたりすると、契約の解除や保険金が支払われない場合があります。必ず正しい情報をお伝えください。
また申込書の写しは保険証券到着まで大切に保管し、契約内容を確認するようにしましょう。
■保険料の払い込みは、お忘れなく
損害保険の契約は、クレジットカード払いなど一部を除き、保険料が払い込まれていない場合には事故が発生しても保険金が支払われません。ご注意ください。
もしも申込後に解約する場合は、クーリング・オフ制度があります。損害保険契約では、一般的に契約期間が1年を超える長期契約について、申込日から8日以内にハガキなど郵送で保険会社に申し出た場合、クーリング・オフにより申し込みの撤回または契約の解除が可能です。

せっかくの損害保険も、契約内容に間違いなどがあると、万一の際に保険金が支払われなくなってしまうこともあります。念入りなチェックをお願いします。