みらい研究所
  • 先生・保護者の方へ
  • みらい研究所マップ

みらい調査科

調査レポート

夏になるとどうして台風が多いの?美嶺ちゃん(10才)・康介くん(7才)

[正解] 3) 台風による大きな災害(さいがい)が起こりやすい9月。

台風は海水温が27℃以上(いじょう)の温かな南の海で、一年中発生しています。その数は1年間で約(やく)25個(こ)。7月から10月にかけて発生数がふえ、その中でも、9月にもっとも多く台風が発生しています。
日本列島と台風の図
フムフム、まさに楽しい夏休みが始まる時期から台風がふえてくるんですね。
でもさ、南の海にあった台風が
どうして日本に来るんだ?
もどる
次へ

2018年1月更新